調査リポート
» 2009年11月26日 16時43分 UPDATE

副業を探す際、どんな仕事に興味を持ちましたか?

あなたはどのような副業をしていますか? 転職サイト「イーキャリア」の調査によると、「接客系、セールス系」が最も多く、次いで「教育系」「ガデン系」と続いた。

[Business Media 誠]

 あなたはどのような副業をしていますか? 25〜49歳の現在副業をしている人に聞いたところ「接客系、セールス系(コンビニ店員やショップスタッフ)」が最も多く29.8%、次いで「教育系(塾や教室の講師)」(9.8%)、「ガデン系(工事現場や警備員)」(9.3%)であることが、転職サイト「イーキャリア」の調査で分かった。男女別で見てみると、男性は「ガデン系」や「ネットビジネス系(ネットオークション)」、女性は「教育系」や「医療・福祉関連」をしている人が目立った。

yd_work10.jpg 現在行っている副業(出典:イーキャリア)

 副業を始めたきっかけを聞いたところ、「毎月の収入が減ったため」が最も多く42.8%。このほか「気分転換のため」(23.3%)、「時間に余裕ができたため」(19.5%)という結果に。

 携帯電話を使って副業をしている人はどのくらいいるのだろうか。「携帯電話を使って副業をしている」という人は23.5%。年代別で見てみると、20代後半で36.4%、30代で27.4%、40代で14.5%と、やはり若い人ほど携帯電話を使って副業をしている人が多いようだ。また副業で使用する携帯電話の1日の利用時間を聞いたところ、「1時間以上2時間未満」(27.7%)が最も多く、次いで「30分以上1時間未満」(21.3%)。「2時間以上」という人を含めると、69.2%の人が1日のうちで30分以上携帯電話を使って、副業をしているようだ。

yd_keitai.jpg 携帯電話での副業について(出典:イーキャリア)

興味を持った副業と検討した副業

 副業を探す際、どのような仕事に興味を持った人が多いのだろうか。最も多かったのは「接客系、セールス系」で38.3%、次いで「ネットビジネス系」(26.3%)、「代行ビジネス、サービス系(ベビーシッターや運転代行)」(20.5%)と続いた。また検討した副業についても聞いたところ、「接客系、セールス系」(41.3%)がトップ、以下「ネットビジネス系」(22.3%)、「代行ビジネス系、サービス系」(17.5%)と、興味を持った副業と同じ結果に。

 インターネットによる調査で、25〜49歳の現在副業を行っている400人が回答した。調査期間は11月13日から11月18日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集