調査リポート
» 2009年11月20日 11時35分 UPDATE

新橋でお酒を飲むサラリーマンに聞く、大切にしていたプロマイドは?

あなたにとって新橋はどのような場所ですか? 新橋でお酒を飲むことがあるというサラリーマンに聞いたところ「オヤジの憩いの場所」と答えた人が最も多く、次いで「安くておいしいモノを食べる場所」だった。養命酒製造調べ。

[Business Media 誠]

 あなたは未病(半健康で、病気に進行しつつある状態)という言葉の意味を知っていますか? 新橋でお酒を飲むことがあるというサラリーマンに聞いたところ「言葉と、その意味も知っている」(45.5%)と「言葉だけ知っている」(36.2%)を合わせると、8割以上の人が言葉は知っていることが、養命酒製造の調査で分かった。

yd_mibyou.jpg 未病認知状況(出典:養命酒製造)

 また新橋で週1回以上飲むという人に、自身の健康状態を聞いたところ「健康」と答えた人は48.0%。「未病」は49.0%、「病気」はわずか3.1%だった。「現時点で『健康』であるので毎週のように飲めるのかもしれないし、また毎週『ちょっと1杯』と飲みに行けるゆとりや余裕がいい影響を及ぼしているのかもしれない」(養命酒製造)としている。また「月に1〜3回」という人で「健康」と答えた人は39.1%。「未病」は53.0%、「病気」は7.9%という結果に。

 都道府県別で見てみると、「健康」と答えた割合が高かったのは「神奈川県」(45.1%)、次いで「千葉県」(42.2%)、「東京都」(41.5%)、「埼玉県」(39.6%)だった。一方「未病」と回答した割合を高い順で見ると「埼玉県」(52.5%)、「東京都」(50.0%)、「神奈川県」(46.8%)、「千葉県」(45.6%)と続いた。

 インターネットによる調査で、35〜69歳の男性サラリーマンで、年に2〜3回以上新橋(東京都港区)でお酒を飲む1000人が回答した。調査期間は10月29日から11月4日まで。

新橋はどのような場所?

 あなたにとって新橋はどのような場所ですか? この質問に対し、最も多かったのは「オヤジの憩いの場所」で36.8%。次いで「安くておいしいモノを食べる場所」(28.2%)、「SL前で待ち合わせする場所」(24.3%)と続いた。

 仕事上のトラブルで、手土産を持参したことがあるという人はどのくらいいるのだろうか。63.9%の人が「0回」と回答したが、「30回以上で、数えきれないくらい多い」という人も2.9%いた。ちなみに全体の謝罪平均回数は2.6回だった。

 大切にしていたプロマイドを聞いたところ「キャンディーズ」が最も多く7.3%。このほか「中森明菜」さん(7.2%)、「小泉今日子」さん(6.3%)、「南野陽子」さん(6.3%)、「山口百恵」さん(6.2%)という結果に。アラフォー(35〜44歳)世代で見てみると、1位は「南野陽子」さん(12.5%)、以下「中森明菜」さん(10.3%)、「菊池桃子」さん(9.8%)、「小泉今日子」さん(8.3%)、「斉藤由貴」(8.0%)だった。

yd_pro.jpg 大切にしていたプロマイド(出典:養命酒製造)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集