調査リポート
» 2009年11月10日 16時23分 UPDATE

先輩たちはどのくらい出費があったの? 就活に必要なお金

就活中に、どのようなバイトをしていた人が多いのだろうか。20〜30代の就活経験者に聞いたところ「フード」が最も多く、次いで「販売」「サービス」と続いた。インテリジェンス調べ。

[Business Media 誠]

 あなたは就職活動中に、どんなことにどのくらいのお金がかかりましたか? 20〜30代の就活経験者に聞いたところ、やはり「洋服代(スーツ、靴など)」(平均金額5万円)が最も高く、次いで「交通費」(同3万3000円)、「飲食代」(同1万5000円)であることが、インテリジェンスの調査で分かった。

 就活を行うのに1人平均12万円かかる、という結果に。就活には「スーツ1着だけではなく、靴やカバンなどさまざまなモノが必要になる。このほか面接にかかる交通費や外食費、参考書籍など、就活中にはいろいろ出費がかかりそうだ」(インテリジェンス)

yd_work.jpg 就職活動中に、どんなことにどれくらいかかりましたか? (出典:インテリジェンス)

 また1カ月当たりの出費額を聞いたところ、「1万円〜1万5000円」と回答した人が最も多く27%。以下「5000円〜1万円」(20%)、「〜5000円」「1万5000円〜2万円」(いずれも18%)、「3万円〜」(8%)と続いた。

yd_work1.jpg 就職活動中に、1カ月当たりどのくらいかかりましたか? (出典:インテリジェンス)

 就活中に、どのようなアルバイトをしていた人が多いのだろうか。最も多かったのは「フード」、次いで「販売」「サービス」「塾講師、家庭教師」「オフィスワーク」という結果に。「フードや販売の仕事はシフトの融通がききやすいということが大きな魅力なのかもしれない。また高時給で、短時間でもがっつり稼げる塾講師、家庭教師も人気だった」(インテリジェンス)

 就活中のバイトで、どのくらい稼いでいたのだろうか。1カ月の収入を聞いたところ「3万〜4万円」と「4万〜5万円」(いずれも22%)と回答する人が最も多かった。このほか「1万〜3万円」(15%)、「8万円」(13%)、「5万〜6万円」(10%)だった。「就職活動って大変、忙しい」というイメージがあるが、うまくバイト先を選べば、十分就活をやりつつ、がっつり稼ぐことも可能なのかもしれない」(インテリジェンス)

 インターネットを使った調査で、20〜30代の就職活動経験者でバイトをしていた100人が回答した。調査時期は2009年10月。

IT業界に就職したいあなたへ――「就ラボ」に登録してみませんか?

 今年も就職活動の季節がやってきました。内定取り消しに採用数激減……2010年度卒の就職活動生はつらい苦戦を強いられました。2011年卒の新卒採用状況は去年と比べてどう変化するのでしょうか?

 アイティメディア 自分戦略研究所では、学生の学生による学生のためのIT業界研究サイト「就ラボ」(IT業界就職ラボ)を更新中。マイナビ、リクナビの編集長に2011年度新卒採用の動向を聞いた記事や、「情報理工学生はグーグルの演奏家・指揮者を目指す」「『オタクが欲しい』――採用担当が明かす本音」など、ここでしか読めない記事が満載です。

 IT業界への就活に役立つ情報がぎっしり詰まった「就ラボ」。会員になると、記事を読めるだけでなく、会員限定のサービスを受けられたり、セミナーに参加できたりといった特典があります。会員登録はこちらから。

 →就ラボ(IT業界就職ラボ)


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集