調査リポート
» 2009年11月06日 08時00分 UPDATE

住宅を購入する理由、トップは「家賃がもったいないから」

[Business Media 誠]

 不況で給料やボーナスは減少傾向にあるが、住宅購入を検討する人も少なくない。住宅を購入した人や購入する予定のある人は、どのようなことを考えているのだろうか。

世帯年収が低いほど「家賃がもったいないから」と回答

 家作りのポータルサイト、マイホーム大学を運営するナックの調査によると、5年以内に住宅を購入した人と3年以内に住宅を購入する予定の人に「住宅購入(購入予定)理由」を尋ねたところ、トップは「家賃がもったいないため」で52.2%だった。以下、「金利が低いから」(21.2%)、「ローン減税が適応中なため」(18.4%)、「住まいの老朽化のため」(15.4%)、「税金が上がる前に」(13.7%)、「子どもの小学校進学」(13.5%)、「資産形成のため」(13.4%)、「子どもの誕生」(11.8%)、「不動産価格が下落しているため」(11.0%)が続いた。

 「家賃がもったいないから」と回答した比率は世帯年収が低くなるほど高くなる傾向にあった(1000万円以上32.2%、700万円〜1000万円未満44.7%、500万円〜700万円未満59.5%、500万円未満56.7%)。

ah_zyukou.jpg 住宅購入(購入予定)理由(クリックですべてを表示、出典:ナック)

 「住宅購入時の不安点」を聞くと、最も多かったのは「手抜き工事がないか」で80.8%だった。以下、「予算内におさまるか」(72.4%)、「アフターサービスがしっかりしているか」(63.8%)、「会社が信頼できるかどうか」(55.6%)、「自分たちの要望を理解してもらえるか」(54.4%)、「依頼先が倒産しないか」(52.6%)が続いた。「特に不安はない」と回答した比率はわずか3.8%で、ほとんどの人は何らかの不安を抱えているようだ。

 インターネットによる調査で、対象は5年以内に住宅を購入した20歳〜49歳の男女500人と3年以内に住宅を購入したいという20歳〜49歳の男女500人。調査期間は7月16日〜17日、および25日〜26日。

ah_zyuhuan.jpg 住宅購入時の不安点(クリックですべてを表示、出典:ナック)

関連キーワード

不動産 | 不安 | 子供 | 金利 | 不況 | 給料 | 投資


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集