調査リポート
» 2009年11月05日 12時14分 UPDATE

ゼロカロリーの商品があればいいなあと思うモノは?

[Business Media 誠]

 あなたは炭酸飲料を選ぶとき、どんなことを重視しますか? ネットエイジアの調査によると「味」(74.3%)が最も多く、次いで「値段」(44.7%)、「カロリー」(22.7%)であることが分かった。男女・年代別でみると、20代と30代の女性は「カロリー」を選んだ割合が他の層よりも高く、それぞれ36.0%、33.0%。また、10代男性では「容量」を選んだ割合が高く22.0%だった。

yd_zero2.jpg 炭酸飲料を選ぶときに重視すること(出典:ネットエイジア)

 また炭酸飲料に求めることを聞いたところ「おいしいと感じられること」(60.7%)がトップ。このほか「爽快感」(47.0%)や「後味がさっぱりしていること」(36.8%)などが目立った。

 「ゼロカロリー※」と聞いて、どんなことを思い浮かべる人が多いのだろうか。最も多かったのは「ダイエット」で28.3%。特に30代女性で「ダイエット」(45.0%)と答える回答者が多かった。次いで多かったのは「コーラ」(14.8%)で、こちらは年齢が若い層ほど割合が高かった。このほか「カロリーがない・カロリー低め」(10.5%)、「ヘルシー・体に良い」(9.5%)が続いた。

※ゼロカロリー……栄養表示基準では飲料の場合、100ミリリットル当たり5キロカロリー以下だと、ゼロカロリーと表示できる。

 ゼロカロリー(カロリーオフ)でほしい飲料・食品を聞いたところ、「アイスクリーム」(37.0%)がトップ。以下「スナック菓子」(29.2%)、「インスタントラーメン」(26.5%)、「スポーツドリンク・機能性飲料」(25.5%)という結果に。男女・年代別でみると、「アイスクリーム」と回答したのは女性に多く見られ、10代女性の47.0%、20代女性の46.0%、 30代女性の51.0%が「アイスクリーム」と回答。また、女性では「チョコレート」(30.0%)と「スナック菓子」(35.7%)と答えた割合が全体よりもやや高かった。一方の男性は「スポーツドリンク・機能性飲料」(32.3%)と回答した割合が目立った。

yd_zero1.jpg 「ゼロカロリー(カロリーオフ)」の商品があればいいなあと思う飲料・食品(出典:ネットエイジア)

 携帯電話を使った調査で、月に1回以上の頻度で市販の炭酸飲料を飲んでいる15〜39歳の600人が回答した。調査期間は6月26日から6月28日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集