コラム
» 2009年11月05日 08時00分 UPDATE

郷好文の“うふふ”マーケティング:良いデザインとは何か?――深澤直人のデザイン論 (1/2)

デザインイベントの展示から熱くなるものをなぜか感じられなかった筆者。しかし、プロダクトデザイナーの深澤直人氏と写真家の藤井保氏のトークショーを聴いていて、熱くなれなかった理由に気が付いた。

[郷好文,Business Media 誠]

著者プロフィール:郷 好文

マーケティング・リサーチ、新規事業の企画・開発・実行、海外駐在を経て、1999年より2008年9月までコンサルティングファームにてマネジメント・コンサルタントとして、事業戦略・マーケティング戦略、業務プロセス改革など多数のプロジェクトに参画。 2008年10月1日より独立。コンサルタント、エッセイストの顔に加えて、クリエイター作品販売「utte(うって)」事業、ギャラリー&スペース「アートマルシェ神田」の運営に携わる。著書に『ナレッジ・ダイナミクス』(工業調査会)、『21世紀の医療経営』(薬事日報社)、『顧客視点の成長シナリオ』(ファーストプレス)など。2009年5月より印刷業界誌『プリバリ[印]』で「マーケティング価値校」を連載。中小企業診断士。ブログ→「マーケティング・ブレイン


 DESIGNTIDE TOKYO 2009、それは10月31日から11月3日まで、東京ミッドタウンを中心に開かれたデザインイベントだ。デザイナーの作品展示やアワード展示がいっぱい。だが、1つ1つの作品はすごいし、「いいな」と思うものの、あまり熱くなれなかった。デザインがいっぱいすぎて、「ウルサイよ」とつぶやく自分がいた。実は去年、神宮外苑で行われた同展でも同じ感想をもった。

 なぜなのだろう? その答えを、21_21 DESIGN SIGHTで開催中の「THE OUTLINE 見えていない輪郭展」で見つけた。10月31日のオープニングトーク「2人に見えている輪郭」を聴講し、「うるさい」と思うワケが分かった。デザインや商業写真のすごみに鳥肌が立ったトークショー、プロダクトデザイナー・深澤直人さんと写真家・藤井保さんの話をぎゅっとお伝えする。

ah_outline.jpg THE OUTLINE 見えていない輪郭展(出典:21_21 DESIGN SIGHT)

デザインとは輪郭を共有し、割り出し、埋める

深澤 「デザインする時、ボクは頭の中に描いている輪郭を思い浮かべる。実はクライアントを含めて、すでにみんながその輪郭を共有している。デザインとはそれを鮮明にさせ、導き出し、割り出す仕事。ジグソーパズルの最後のピースを埋めるようなもの。つまりモノは単独では存在しない。モノの周りにある存在空気、生活感があって、存在している。決して加工された世界ではなくてそのまま。あ、今日のトークショーの全部を語っちゃった(笑)」

 寡黙そうな藤井さんをリードするように、一気に語り出した深澤さん。いきなり全部を語ってしまった。でも深澤直人さんの“客観写生ワールド”になじみがない人には、意味不明かもしれない。そこを解きほぐしていこう。

 この展示会とトークショーは、深澤さんと藤井さんが『モダンリビング』誌に4年にわたり連載した「見えていないデザイン」がベース。隔月の連載で深澤さんのプロダクトを藤井さんが撮る。すると、見えていないはずの輪郭がまるで魔法のように浮かび上がる。

プロダクトの輪郭が情景に溶け込む

藤井 「(一般的には)写真とは情報を消して、(ある部分を)誇張するものと思われている。それは違う。その場の空気と一緒に撮るのが写真なんだ」

 約14年前、藤井さんは“自然光写真スタジオ”をつくった。それは日の当たるバルコニーに撮影台をつくり、トップから自然光を採光する。撮影は室内からだ。同展ではその仕掛けを、MAGISのスタッキングチェアの撮影風景で再現。

 「照明のライティング環境なら安定して撮れるが、それは作業」と語る藤井さん。照明という人工的な影を排除して、自然光の中で撮ると、想定外の何かが起きる。深澤作品のオレンジ色のスタッキングチェアを撮った写真パネル。チェアのオレンジの輪郭が白い風景に“にじんでいた”。デザインと風景が一体だった。こんな写真は見たことがない。言葉が出なかった。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集