ニュース
» 2009年11月04日 22時01分 UPDATE

準優勝を勝ち取れたことに胸を張りたい――トヨタのF1撤退会見を(ほぼ)完全収録 (1/3)

トヨタ自動車は11月4日、自動車レースの最高峰フォーミュラ・ワン(F1)から2009年限りで撤退すると発表した。豊田章男社長と、モータースポーツ担当の山科忠専務が出席した会見の模様を詳細にお伝えする。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 トヨタ自動車は11月4日、自動車レースの最高峰フォーミュラ・ワン(F1)から2009年限りで撤退すると発表した。トヨタのF1参戦の歴史は、2002年からの8年間で幕を閉じることとなる。すでに本田技研工業も昨年限りでF1から撤退しており、これで日本の自動車メーカーが完全に撤退することとなった。同社の豊田章男社長と、モータースポーツ担当の山科忠専務が出席した会見の模様を詳細にお伝えする。

ah_ehuwan.jpg トヨタ自動車の山科忠専務(左)と豊田章男社長(右)

苦渋の決断

豊田 弊社は2002年以降8年間にわたり、F1に参戦してきましたが、取締役会で議論した結果、本年をもって参戦を終了することにいたしました。この8年間ご支援いただきましたファンのみなさま、スポンサーのみなさま、メディアのみなさま、そしてF1を通じてクルマの魅力を全世界にアピールし続けてくださったレーサーや関係者のみなさまに、心より御礼申し上げたいと思います。

 先日も鈴鹿サーキットで行われた日本グランプリを観戦させていただきました。ファンのみなさまの熱狂ぶりや、パナソニック・トヨタ・レーシングのすばらしいチームプレイ、そしてその走りに心の底から感銘を受けました。ファンのみなさまのことを考えますと、身につまされる思いではありますが、現在の経営環境や中長期的な観点から、苦渋の決断をせざるをえなかったことをご理解たまわりたいと存じます。

 ファンのみなさまからは「来年こそは頑張れ」と激励いただいていましたが、期待にお応えすることができず、心からおわび申し上げます。トヨタのF1チームは、この8年間で140戦に参戦し、1戦1戦を戦い抜く中で確実に実力を向上させてきました。世界の強豪の中で戦い続けたチーム関係者の不断の努力に敬意を表するとともに、夢を分かち合えたことに心から感謝申し上げたいと思います。

 本年6月に社長に就任して以来、私は「商品を軸とした経営に重点を置きたい」と申し上げてきました。すなわち、「味わいのあるクルマを作り、お客さまに1台1台を大事にお届けし、喜んでいただきたい」ということです。私たちが「今はこれらのことに会社のリソースをできる限りシフトすべきである」と考えた末、誠に残念ながらF1を続けることができなくなった次第です。

 ご存じの通り、トヨタの経営は引き続き厳しい状況です。ただ、こういう時だからこそ原点に返り、「次の世代に何を残さなければならないか」ということを考えるべきだと思いました。「自動車を通じて豊かな社会作りに貢献したい」というのがトヨタ創業時からの考え方であり、これからも自動車文化の一層の発展に向け、さまざまな活動を続けていきたいと思っています。モータースポーツについてもその活動計画を見直し、お客さまにクルマをより身近に感じていただける大切な活動として、またクルマと人を鍛える活動として取り組むとともに、これまでのみなさまのご期待をより良い商品作りに生かせるよう、努力する所存です。どうぞ引き続きご支援たまわりますよう、よろしくお願い申し上げます。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集