ニュース
» 2009年10月20日 16時36分 UPDATE

東京ガス、食品残さ由来のバイオガスを都市ガスとして供給

[栗田昌宜,Business Media 誠]

 バイオエナジーと東京ガスは10月19日、2010年度から2019年度までの10年間、食品残さ由来のバイオガスを東京ガスの都市ガス導管に注入・受け入れする基本契約を締結したと発表した。食品残さ由来のバイオガスの都市ガス導管への注入・受け入れは、日本で初めてという。

 バイオエナジーは、廃棄物処理・リサイクル会社の市川環境エンジニアリングが設立した食品リサイクル会社。東京都が整備した「スーパーエコタウン」(東京都大田区)内に建設した同社城南島食品リサイクル施設ではメタン発酵処理プラントが設置され、ホテルやスーパーマーケット、コンビニエンスストア、レストランなどから排出される袋入りの食品残さや、食品加工工場などから排出される廃棄食品・飲料水を受け入れて発酵処理している。

 メタン発酵処理プラントで製造したバイオガスはガス発電機(840キロワット)や燃料電池(250キロワット)の燃料として使用し、発電時の廃熱とともに施設内で有効利用してきた。しかし、受け入れる食品残さ、廃棄食品・飲料水の増加や発酵効率の向上に伴って想定以上のバイオガスが発生するようになったことから、新たな利用方法を検討してきたという。

 バイオガスはメタンとCO2などの混合ガスであり、東京ガスが供給する都市ガスの主原料であるLNGには含まれていない成分が多く存在する。このためバイオエナジー、市川環境エンジニアリング、東京ガスの3社は共同でバイオガスを都市ガスとして利用するための技術検証を行い、2009年2月には城南島食品リサイクル施設内にテスト装置を設置して、バイオガスに含まれるCO2や不純物を除去する精製テストを1カ月間実施した。

 これらの結果を踏まえて、経済産業大臣から交付を受けた都市ガス振興センターの公募事業「バイオガス都市ガス導管注入実証事業(バイオマス等未活用エネルギー実証試験補助金)」にバイオエナジーが申請して選定されたことから、東京ガスとの今回の基本契約の締結に至った。バイオエナジーは2009年度中にバイオガス精製設備、熱量調整設備、付臭設備を建設し、2010年度から東京ガスの都市ガス導管への注入・受け入れを開始する。

 注入・受け入れするバイオガスは、都市ガス換算量で年間約80万立方メートル。これにより年間約1830トンのCO2削減が見込めるという。

関連キーワード

東京ガス | バイオマス


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集