コラム
» 2009年10月20日 08時00分 UPDATE

ウォルマートVS. アマゾン 仁義なき価格戦争の行方は (1/2)

ウォルマートが「Webの巨獣」Amazonに宣戦布告。王者の名誉を挽回するべく、とことんまで低価格で徹底抗戦すると宣言した。流通の二大脅威が起こす大津波はいったいどこまで波及するのだろうか。

[石塚しのぶ,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:石塚しのぶ

ダイナ・サーチ、インク代表取締役。1972年南カリフォルニア大学修士課程卒業。米国企業で職歴を積んだ後、1982年にダイナ・サーチ、インクを設立。以来、ロサンゼルスを拠点に、日米間ビジネスのコンサルティング業に従事している。著書に「『顧客』の時代がやってきた!『売れる仕組み』に革命が起きる(インプレス・コミュニケーションズ)」がある。


 「もし、『Webにおけるウォルマート』があるとしたら、それはウォルマート・ドット・コムだ」

 これは、ウォルマート・ドット・コムのラウル・バスケスCEOの言葉だという。近年、米国のビジネス・メディアでは、「Webにおけるウォルマート=Amazon」という見方が日に日に強まっていたが、その騒音を打ち消すような挑戦的な発言。「我々のゴールは、品揃え、ビジター数ともに世界最大のWebサイトになること」と続けた。

 米国時間10月15日、話題の新刊10冊を巡り、米ウォルマートが仕掛けた価格抗争に対して、Amazonが間髪を入れず迎撃、同日の夕方までに、ウォルマートがさらなる値下げで反撃するという白熱戦となった。通常の小売価格が30ドル以上するハードカバーの新刊を卸値を大きく下回る10ドルで売り出すということで始まった競争は、現在はウォルマート、Amazon両社ともに9ドルを最低価格として落ち着いている。

 しかし、ウォルマートは「Web上のロウ・プライス・リーダーとしての地位を誇示するためなら、どこまでも低価格を追求する」と、徹底抗戦の意図を表明。「世界最大のリテーラー」と「オンラインの巨獣」の一騎打ちは、どうやらまだ当分は決着がつきそうにない。

 今回の価格抗争は、たまたま書籍というカテゴリーを巡ったものだが、ウォルマートとAmazonの競争の本質は「書籍カテゴリー」だけを問題にしたものではない。Amazonもウォルマートも、「世界最大のブックストア」になりたいわけでは決してないのだ。

 米国の小売市場では天下無敵の地位を築き、あらがう競合をいとも容易く蹴散らしてきた「ベントンビルの巨人」ウォルマートが今、本気でAmazon転覆を企てている。それはなぜか。Amazonが近年、顧客のマインドシェアを奪い、ウォルマートの縄張りまで着々と攻め込んできているからだ。

 ウォルマートは「世界最大のリテーラー」。その事実は明白だが、米国では「Web」と言われて真っ先に「ウォルマート」を思い浮かべる人はまずいないだろう。「Web」と言えば、やはり「Amazon」だ。

 Amazonはもはや「世界最大のブックストア」ではなく、「世界最大のWebリテーラー」としての確固たる地位を築くことに成功した。「Amazonに行けば、欲しいものが必ず見つかる」、しかも「一番、安いものが見つかるに違いない」という認識が、消費者の頭の中に定着している。創業から10年余りにして、AmazonはWebショッピングのデファクト・スタンダードになってしまった。

 消費者は、Webショッピングの「検索エンジン」としてAmazonを利用する。今年第2四半期には、ゼネラル・マーチャンダイジング・カテゴリーの売り上げが、元来の主力商品であったメディア・カテゴリー(書籍、音楽CDなど)の売り上げを初めて超過した。

 ただのWebショップではなく、100万を超える中小の販売業者(サード・パーティ・セラー)と買い手を結びつける「マーケットプレイス・モデル」は、従来型の小売りの常識を根底から覆す。2008年のデータを見ると、サード・パーティによる販売件数は前年比33%増、販売額も36%増というように、すさまじい勢いで伸びている。

 さらに驚くべきことに、米国の消費者向けeコマース取引件数の3分の1がAmazonを通して行われているという。消費者のマインドシェアだけではなく、Web上の市場(いちば)のプラットフォームとしての、Amazonの圧倒的ドミナンスがこの数値からはうかがえる。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集