調査リポート
» 2009年10月07日 12時17分 UPDATE

2008年焼酎メーカー売上高トップは「いいちこ」の三和酒類

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 帝国データバンクは9月29日、2008年焼酎メーカー売上高ランキングを発表、売上高トップは6年連続で大分県宇佐市の「三和酒類」(主力ブランドは麦焼酎のいいちこ)となったことが分かった。しかし、「芋焼酎の市場拡大や大手酒類メーカーの参入などの影響」(帝国データバンク)で、売上高は前年比0.1%減の567億8600万円と4年連続前年割れとなった。

 2位は宮崎県都城市の「霧島酒造」(霧島、黒霧島)、3位は鹿児島県枕崎市の「薩摩酒造」(さつま白波、黒白波)、4位は宮崎県宮崎市の「雲海酒造」(いいとも、雲海)、5位は大分県日出町の「二階堂酒造」(二階堂、吉四六)が続いた。中でも霧島酒造は主力の芋焼酎「黒霧島」が好調で、売上高は前年比23.2%増の368億7200万円となった。

ah_ranki.jpg 2008年焼酎メーカー売上高ランキング(出典:帝国データバンク)

 上位50社の売上高合計は前年比3.8%増の3471億9500万円と、2年連続で前年を上回った。焼酎ブームのピークだった2004年の3383億9100万円を2.6%上回り、2003年の調査開始以来最高の数字となっている。

ah_zyoui.jpg 上位50社の売上高合計推移(出典:帝国データバンク)

関連キーワード

焼酎 | 帝国データバンク


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集