トップ10
» 2009年10月06日 15時20分 UPDATE

誠 Weekly Access Top10(2009年9月26日〜10月2日):県内認知度100%! 青森のローカルアイドル「りんご娘.」

地方では、地域活性化のためにさまざまな策を講じているところも多い。中でも青森では「りんご娘.」というアイドルユニットが活動しており、農業活性化を訴えているのだ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 先週最も読まれた記事は「大卒の初任給……最も高いのは」。2位は「平均給与の差はいくら? 『電気・ガス』と『宿泊・飲食サービス』」、3位は「大企業と中小企業、給与の差はいくら?」だった。

青森のローカルアイドル、りんご娘.

 4位に入ったのは先週のトップ10記事「ペプシあずきを超える(?)炭酸飲料『醤油サイダー』」。そのインパクトから興味を持った人は多いようで、Twitterでは「つい通販で買ってしまった」という書き込みもいくつか見られた。

 醤油サイダーを生んだ小豆島がある香川県は、ほかにも謎の地域発商品を売っている。中でも2006年に発売した「讃岐うどんネクタイ」は、「1つの柄で1000本売れたらヒット」とされるネクタイ業界で4000本以上売れる人気商品になっているということだ

ah_udonneku.jpg 讃岐うどんネクタイ(出典:香川県庁)

 地方ではその土地ならではの商品を売るだけではなく、地域活性化のためさまざまな策を講じているところも多い。中でも筆者が注目しているのが、青森県発のアイドルユニット「りんご娘.」だ。

 名前が似ているような気がする某アイドルユニットと同じく、2000年7月の結成以来、メンバー構成は変化しており、現在は第3期メンバーの「ジョナゴールド」と第5期メンバーの「レッドゴールド」の2人が活動中だ。その名の通り、歴代メンバーの名前はすべてりんごの品種名に由来している。

ah_ofisya.jpg りんご娘.公式Webサイト

 プロフィールに「農業活性化アイドルとして日々活動している」と書いてあるだけあって、彼女たちの代表曲『彼の軽トラに乗って』では、農家の青年と女性との恋物語を歌っている。また、弘前りんごをPRする『トコドッコイ弘前リンゴ』という曲もあったりする。

 青森県での認知度は「ほぼ100%」(自称)。最近はなぜか中国語のWebサイトも開設するなど、国際的な展開もはかっているりんご娘.。今後の活躍に注目したい。

ah_karekei.jpg 『彼の軽トラに乗って』

関連キーワード

アイドル | 活性化 | 地域活性


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ