コラム
» 2009年10月06日 08時00分 UPDATE

本当にストレスを解消できるの? GABAとノイズキャンセラの実力 (1/2)

「ストレスを感じている」というビジネスパーソンは多いはず。そのストレスを解消するためにお酒を飲んだり、カラオケに行ったりする人も多いだろうが、社内でいるときや電車内でも簡単にリラックスできる方法を紹介しよう。

[土肥義則,Business Media 誠]

 新聞、雑誌、テレビ、インターネット……多くの情報に“おぼれそう”になっている人も多いだろう。1995年度と2005年度に発信された情報量を比較したところ、わずか10年間で400倍以上も増えていることが、総務省の調査で明らかになった。こうした“情報ストレス”ともいえる環境下で、日々忙しく働くビジネスパーソンはどのようにしてストレスを解消すればいいのだろうか。

yd_jyouhou.jpg 情報流通量の推移(出典:総務省)

夕方にGABAを摂取し、集中力の回復を

 隣の席で働く同僚の机の上に、「GABA」(ギャバ)と書かれたチョコレートやドリンクを見かけたことがある人も多いだろう。ここ数年、GABAが含まれた商品が増えてきているように思えるが、GABAを摂取するとどのような効果があるのだろうか。

 GABAとは人間の体内に存在する、天然アミノ酸のひとつ。食品では野菜や果物、チョコレートなどに含まれており、γ-アミノ酪酸(Gamma Amino Butyric Acid)を略して、GABAと呼ばれている。GABAには興奮を鎮めたり、リラックスをもたらしたりする役割があるというが、働くビジネスパーソンのストレスをどのくらい軽くすることができるのだろうか。

 GABAストレス研究センターの横越英彦(よこごし・ひでひこ)代表は、GABAの効果を検証。1日の疲労がたまりやすい夕方に、GABAの入ったチョコレートを食べることでどのような効果があるのかを調査した。ビジネスパーソン14人に簡単な足し算をしてもらい、その後、(1)水を飲んでもらう(2)GABAの入ってるチョコレートを食べてもらう(3)GABAの入っていないチョコレートを食べてもらう――。調査は4月20日、5月13日、5月20日の3日間に分けて行い、それぞれの調査の最後に唾液を採取した。

yd_gaba.jpg メンタルバランスチョコレート GABA(出典:グリコ)

 ストレス状態にあるときには、唾液中の免疫成分である、免疫グロブリンIgAの濃度が低下。その一方、精神的なストレスによって唾液中に放出されるクロモグラニンA(CgA)が増えるという特徴がある。調査の結果、「GABAが含まれたチョコレートを食べた場合、集中力が向上することが確認できた」(横越代表)。さらに足し算の正解率も、GABAの入っているチョコレートを食べた方が高かったことから「(GABAを摂取することで)夕方からの仕事の効率をアップできるのではないか」(同)と分析している。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集