調査リポート
» 2009年09月25日 15時42分 UPDATE

節約するために……よく使う食材と料理

[Business Media 誠]

 1年前と比べ、夕食費を節約している人はどのくらいいるのだろうか。インターワイヤードの調査によると、「節約している」という人が73.7%にも達していることが分かった。また節約をしているという人に、夕食費を節約するためにしていることを聞いたところ「価格が安いものを選ぶようになった」(76.0%)が最も多く、次いで「外食費を減らす/外食をしなくなった」「お買い得商品を優先的に選ぶようになった」(いずれも50.2%)、「スーパーや百貨店のPB商品を選ぶようになった」(42.3%)など、買い物方法を変えることで、節約を試みている人が多いようだ。

yd_setuyaku.jpg 1年くらい前と比べて、夕食費の節約のために、どのようなことをするようになりましたか? (出典:インターワイヤード)

 節約を意識して、どのような料理を作っているのだろうか。よく使っている食材を聞いたところ、最も多かったのは「もやし」(1552人)、以下「豆腐」(669人)、「鶏肉」(295人)、「キャベツ」(269人)、「野菜全般」(258人)という結果に。3位にランクインした「鶏肉」については、牛肉や豚肉を減らして鶏肉を購入している人が多いようだ。またトップ10には入らなかったが、「こんにゃく」「おから」「大根」といった意見も目立った。

yd_setuyaku1.jpg 1年くらい前と比べて、最近の夕食で節約を意識してよく使っている食材(出典:インターワイヤード)

 よく作る節約料理を聞いたところ、「もやし」を使った料理を挙げる人が多かった。例えば「もやし料理(ナムル、炒めなど)」「もやしのコンソメスープ」「もやしポン酢」などを作っているようだ。このほか、ご飯モノでは「カレー」や「チャーハン」、おかずでは「おから/豆腐ハンバーグ」「マーボー豆腐」などが多く、やはりよく使っている食材で上位にランクインしたモノが目立った。

 インターネットによる調査で、全国の男女9685人が回答した。調査期間は6月10日から6月25日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集