調査リポート
» 2009年09月18日 13時29分 UPDATE

惣菜市場は堅調に拡大――外食需要減少が追い風に

矢野経済研究所は、2008年度の惣菜(中食)総市場規模は前年度比0.3%増の8兆4879億円となったと発表。消費者が節約志向を強める中、外食を控え、惣菜を購入するなどして家庭内で調理して食べるという『内食』需要が高まっているようだ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 矢野経済研究所は9月16日、「惣菜(中食)※市場に関する調査結果」を発表、2008年度の惣菜(中食)総市場規模は前年度比0.3%増の8兆4879億円となったことが分かった。

※惣菜(中食)……和風惣菜、洋風惣菜、中華風惣菜、米飯、給食弁当、調理パン、ファストフード、調理麺を指し、主に惣菜専門店、コンビニエンスストア、量販店、百貨店、生活協同組合、給食弁当業、ファストフード店舗などにより供給される、弁当を含む調理済食材が対象。

 市場規模はここ数年、伸び率は低いものの増加傾向にあるが、同研究所では「長引く不況の影響を受けて、消費者が節約志向を強める中、外食を控え、惣菜を購入するなどして家庭内で調理して食べるという『内食』需要が顕在化している」と原因を分析している。

ah_sousizyou.jpg 惣菜(中食)総市場規模推移(出典:矢野経済研究所)

 販売チャネル別に見ると、コンビニエンスストアの惣菜(中食)市場規模は前年度比1.0%増の2兆2140億円。矢野経済研究所では「たばこ自動販売機の成人識別カードの導入により、たばこを購入する客がカード不要なコンビニエンスストアに足を運んだことによる『ついで買い』が主な要因として挙げられる」とコメントしている。

 一方、百貨店の惣菜(中食)市場規模は前年度比1.5%減の2530億円。「2008年秋以降百貨店全体の販売不振が深刻さを増してきているが、中でも比較的堅調だった『デパ地下』と言われる地下食品フロアも消費者の低価格志向や節約志向のなか、その集客力や売上げに影響が出てきている」(矢野経済研究所)

ah_syuyohan.jpg 2008年度主要販売チャネル別市場構成比(出典:矢野経済研究所)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集