ニュース
» 2009年09月15日 07時00分 UPDATE

半導体設備投資、2009年後半に回復の見通し

2009後半の半導体設備投資額は47.3%増加する見通しだが、通年ではまだマイナス成長となる。

[ITmedia]

 世界の半導体設備投資は、2009年後半に回復する見通しだと調査会社Gartnerが報告している。

 同社の調査では、2009後半の半導体設備投資額は47.3%と大きく増加する見通しだ。ただし、前半に投資額が急落したため、通年の成長率はマイナス47.9%となる見込み。回復は2010年も持続するとみられ、同年の投資額は34.3%増と予測されている。

 「メモリメーカーは5xおよび4xナノメートル世代に向けた準備しており、2009年の残りの期間と2010年前半は、主にIT企業が製造機器を購入するだろう。2010年後半には、企業や個人が電子機器を購入するようになり、半導体生産能力が拡大され、世界的により一貫した成長が見られるはずだ」とGartnerの調査担当副社長ディーン・フリーマン氏は述べている。

関連キーワード

半導体 | 設備投資 | Gartner


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集