調査リポート
» 2009年09月10日 08時00分 UPDATE

景気の悪化を実感――転職者の65%

4月〜6月に転職活動をした人は、何社くらい応募したのだろうか。リクルートの調査によると、4割ほどが「10社未満」と回答していることが分かった。その一方、「50社以上」という人も1割ほどいた。

[Business Media 誠]

 転職に際し、景況感の悪化を感じた人はどのくらいいるのだろうか。4月〜6月に転職活動をした人に聞いたところ、65.2%が「景況感の悪さは転職に影響した」と回答していることが、リクルートの調査で分かった。景況感悪化を感じた理由として、「書類選考だけで落とされるケースが非常に多かった」「とにかく職安が混んでいた。1件の募集につき数十人の応募などざらだった」といった声があった。

 前の勤務先を退職した理由は、「会社の将来性や方向性への不安」(48.1%)を挙げる人が最も多かった。このほか「仕事を通じて成長感を実感できなかったから」(27.4%)、「勤務条件への不安」(25.9%)、「会社倒産、人員整理・解雇」(16.6%)などが上位に並んだ。

yd_tenshoku.jpg 退職した理由(クリックして拡大、出典:リクルート)

 インターネットによる調査で、4月〜6月に転職活動を行い、就職先が決まった2884人が回答した。調査期間は4月1日から6月30日まで。

転職が決まった今の気持ち

 転職活動をした人は何社くらい応募したのだろうか。最も多かったのは「5〜9社」で18.3%、次いで「2〜4社」が16.5%。ただ「50社以上」という人が11.3%もいるなど、転職することの難しさがうかがえた。

yd_tenshoku1.jpg 応募社数(出典:リクルート)

 転職が決まった今の気持ちを聞いたところ「すごく疲れた。でも妥協しなかったおかげで、希望の業種・職種につけた」「まずは収入を確保できたことにホッとしている。この転職が成功だったのか失敗だったのかはまだ分からないが、精一杯やってみたいと思う」「不況の中、ようやく正社員として雇ってもらえるという安心感がある。年収が低くなったことは我慢するしかない」といった意見があった。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集