コラム
» 2009年09月04日 08時00分 UPDATE

会社の経営不振、社員のモチベーション低下が原因ですか? (1/2)

業績が落ちると、社員のモチベーション低下に理由を求めて、何とかやる気を出させようとする会社があります。しかし業績不振の原因は、本当にモチベーション低下にあるのでしょうか?

[伊藤達夫,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

著者プロフィール:伊藤達夫(いとう・たつお)

THOUGHT&INSIGHT株式会社 代表取締役、東京大学文学部卒、認定エグゼクティブ・コーチ(JIPCC)。コンサルティング会社にて食品、飲料、化学品メーカーなどのマーケティング寄りのプロジェクト、官公庁などのプロジェクトに携わる。その後、JASDAQ上場の事業会社に移り、グループ戦略、事業戦略、業務改革などに携わる。結果的に最年少でのマーケティング部門、部門長となる。ブログ「ゆるーいコンサルタントな日々


 「モチベーションを上げます!」と言うコンサルタントほどたちの悪いものはないような気がします。リーダー、経営者から見れば、部下はモチベーションがないようにも見えますからね。でも、本当にそうなのでしょうか?

 先日、ある経営者の方とお話をしていて、「モチベーションを問題にするほうが問題だよね」というお話になりました。そもそも、経営者やリーダーになる人間のエネルギーレベル、モチベーションというのは、すごーく高いのです。だから、経営者、リーダーをやっているんですね……。

 普通の人は、そういう風にはなりません。自分でリスクを背負っているわけでもなく、好きなことをやっているかどうかも定かではない。大企業であれば、クビにもならない。「そんなシチュエーションでリーダーや経営者並みのモチベーション、活動レベルを持てますか?」と聞けば、「持てない」と言うのが普通でしょうね。

 でも、だからこそ、他の人より頑張ってやる人はすぐに抜きん出て、抜群の数字をたたき出し、昇進していくんですね……。全員がそうなれる可能性はないとは言わないですが、まあ、大事なものがそれぞれあるものです。「経営者並みに頑張れるか?」といったら無理ですね。

 モチベーションが人並みな人が回しても、回るようなビジネスシステムを組むのが経営者、リーダーのお仕事ですよね。簡単なことを普通にやってもうかるような戦略、ビジネスシステムがあればいいのです。

 それをモチベーションのせいにして、モチベーション研修とかを受けさせて、頑張らせようとすると、メンタルヘルスレベルはかえって低下するでしょうね。自己啓発セミナーに行く人が、セミナーに行った後の数日はテンションが高いけど、すぐに落ちてくるようなものです。

 普通の人が、普通にやって回るビジネスを作るのが大事です。パワーのありあまる人が、人並みはずれた努力をしないと成立しないビジネスは、そもそもオペレーションに入る以前の段階で間違っているのです……。

       1|2 次のページへ

Copyright (c) 2017 INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集