連載
» 2009年09月03日 11時30分 UPDATE

迷わずはさめよ、はさめば分かるさ!:マヨ&黒コショウが味の決め手! 1個45円の「クリームチーズ野菜サンド」

今回はクリームチーズと余った野菜を組み合わせてサンドイッチを作ることにしました。マヨネーズと黒コショウが味の決め手です。

[シックス・アパート 中山順司,Business Media 誠]

 前回、クリームチーズをピーナツバター&ジェリー(PB&J)に加えてみたサンドイッチを紹介しましたが、材料的にもビジュアル的にも「ランチよりはオヤツ」的な印象があります。なにしろ、塗るだけですからね。

 ということで今回は、もっとこう、いわゆるサンドイッチらしいモノを作ろうということで、クリームチーズと余った野菜を組み合わせてサンドイッチを作ることにしました。材料は冷蔵庫にあった使いかけのタマネギとキュウリです。

 クリームチーズも1つ買うと、そうそう毎日消費することもなく、つい冷蔵庫で眠ったままになりがち。でも、野菜と組み合わせれば利用シーンが増え、ムダなく使いきることができます。

 ただし本連載は「料理オンチの、料理オンチによる、料理オンチのための」をコンセプトにしているので、手間いらずで調理も最小限です。ご心配なく。

材料(5個分)

  • ロールパン……5個
  • クリームチーズ……適当
  • たまねぎ……適当
  • キュウリ……適当
  • マヨネーズ……少々
  • 黒こしょう……少々
  • 塩……少々
“適当”と“少々”ばかりで、じつに気が楽です……(笑)

材料費(1個あたり)

  • パン……25円
  • クリームチーズ……15円
  • たまねぎ、キュウリ、調味料……5円
  • 合計:45円

所要時間(5個分)

  • パン&野菜カット……2分
  • 塗る、盛り合わる作業……4分
  • 合計:6分

作り方

ts_ccb1.jpgts_ccb2.jpg (1)パンに切り込みを入れます。(2)片側にしっかりとクリームチーズを、もう片側にはマヨネーズをさっと塗ります

ts_ccb3.jpgts_ccb4.jpg (3)タマネギ、キュウリを並べて、(4)塩、黒コショウをひと振り

ts_ccb5.jpgts_ccb6.jpg (5)完成。常温でも冷やしてもおいしい

 塩とコショウをひと振りするだけで、なんとなく大人の味に仕上がりました。これだけでも十分においしいのですが、「ちょっと肉気がほしい」という方は、ハムかサラミを加えると、さらにグッドです。

 材料を塗って乗せるだけ。火も使いませんし手も汚れません。あっけないほどカンタンです。冷蔵庫で冷やしてから食べてもおいしいですよ。

弁当男子はクリエイティブで魅力的!?

 スマイルダイナーが20歳以上の男女に“弁当男子”に関する調査を行ったところ、「手製の弁当を職場に持参したことのある」女性は86.2%、男性は65.7%だったそうです。男性の3人に2人が弁当持参の経験があるということですが、けっこう高い割合だと思いませんか?中でも、20〜30代の比率がもっとも高いそうです。

 ちなみに、「女性の弁当男子に対するイメージ」という項目もありました。気になる結果は……

女性の弁当男子に対するイメージ
(スマイルダイナー「弁当男子のイメージ」等に関する調査レポートより抜粋)
経済的 77.9%
家庭的 63.2%
健康的 41.0%
賢い 35.4%
カッコイイ 18.4%
貧しい 5.1%

 「貧しい」と思う女性はごくわずかで、おおむねポジティブに評価されていますね。ほかにも少数意見ですが、

  • クリエイティブな人じゃないかと思う(30代女性)
  • 丁寧に生きている(30代女性)
  • 気配りができそう(20代女性)
  • 魅力的(30代女性)

 というのもありました。ちょっと褒めすぎな気もしますが。それにしても男性のみなさん、これでサンドイッチ弁当をつくる強力な理由ができましたね!(笑)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集