ニュース
» 2009年09月02日 07時00分 UPDATE

世界の半導体売り上げ、前月から5.3%増 5カ月連続で増加

ノートPCや携帯電話などの消費者向け製品で、半導体需要の回復が見られるという。

[ITmedia]

 米半導体工業界(SIA)は8月31日、7月の世界半導体売上高が前月から5.3%増加したと報告した。消費者セクターでの需要回復が見られるとしている。

 同月の半導体売上高は182億ドルで、前月からは5.3%増、前年同月からは18.2%減となる。前年比ではまだマイナスだが、下げ幅は縮小してきているという。2009年上半期は平均で前年同月比25%減だった。

 「半導体売上高は5カ月連続で増加しており、消費者セクターの需要回復を反映している」とSIAのジョージ・スカリス会長は述べている。「ノートPCや携帯電話などの消費者向け製品が、需要の緩やかな回復を支えている。企業のIT製品購入は、景気への警戒感や買い換えサイクルの長期化のために軟調だ。半導体業界が季節的なパターンに戻ってきている証拠も見られる」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集