連載
» 2009年08月28日 07時00分 UPDATE

それゆけ! カナモリさん:ユニクロ×ジル・サンダー 最強コラボが手がける「+J」ブランドの狙いとは (1/3)

ユニクロ×ジル・サンダー。「良いものを安く」を極めるユニクロと最高級のデザイナーのコラボが、ついにそのベールを脱いだ。ファッション界の常識を覆す圧巻の価格とアイテム。もう誰もユニクロを止められないのか――。

[GLOBIS.JP]
GLOBIS.JP

それゆけ! カナモリさんとは?

グロービスで受講生に愛のムチをふるうマーケティング講師、金森努氏が森羅万象を切るコラム。街歩きや膨大な数の雑誌、書籍などから発掘したニュースを、経営理論と豊富な引き出しでひも解き、人情と感性で味付けする。そんな“金森ワールド”をご堪能下さい。

※本記事は、GLOBIS.JPにおいて、2009年8月24日に掲載されたものです。金森氏の最新の記事はGLOBIS.JPで読むことができます。


 今年3月17日、カジュアル衣料店「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングがデザイナーのジル・サンダーとの契約を発表し、ファッション界に激震が走った。ジル・サンダーといえば、最高級のブランド。彼女がデザインしたアイテムは数万円から十数万円するものだ。ユニクロとのコラボで価格はどうなるのか、アイテムはと、注目が集まっていたが、ついにその独自のコレクション「+J」(プラスジェイ)が姿を現した。

ah_kanamori1.jpg

 実に22年ぶりにメンズノンノを買った。この秋冬のワードローブをチェックしようということではない。特集記事「ユニクロ×Ms.ジル・サンダーが、世界を変える!」をチェックしたかったからだ。

 「世界を変える」なんて大げさな……と思っていたが、少なくともユニクロは大変身する。いや、世間のファッションの価値観も大転換するかもしれない。

 6ページ、6パターンの着こなしが紹介されていたが、洗練されて繊細、かつ上質でミニマルなデザインは間違いなくジル・サンダーの手によるもの。「design without decorathion(装飾のなきデザイン)」のコンセプト通りである。

 雑誌に紹介されたラインアップは、ジャケット類(ミリタリージャケット、ダウン、ピークドラペル)・1万2900円、 ニット・1万2900円、カーディガン・1万4900円、シャツ・3990円、パンツ類(スラックス、ジーンズ)・4990円、カットソー・1990円といったところ。

 そのデザインを見た知人女性は「この服がこの値段で買えちゃうの! やばいです」と驚きを隠せない様子だった。メンズが40品番、ウィメンズが100品番程度になるというから、期待はふくらむ一方だ。

 ジル・サンダーブランドは1999年にプラダグループに買収されたが、素材の品質に対する考えの対立でジルが辞任。2003年に復帰するも、翌年再び不調和で辞任している。「品質へのこだわり」という点では恐らく、ファーストリテイリングとの契約は最も正しい選択肢であったといえるだろう。

 ユニクロがロードサイド店として展開していた時代の認識のままの人にはオカシナ話に聞こえるかもしれないが、現在のユニクロの品質へのこだわりは凄まじい。大手アパレルメーカー幹部も品質だけで勝負したら負けると漏らしていた。

 そこにジル・サンダーのデザインである。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(c) 2017 Globis Corporation All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集