ニュース
» 2009年08月27日 07時00分 UPDATE

Blu-rayドライブ搭載PC、2013年まで普及進まず――iSuppli予測

Blu-rayプレーヤーの販売は増えてきているが、Blu-rayドライブ搭載PCは当面苦戦が続く見込みという。

[ITmedia]

 Blu-ray Disc(BD)プレーヤーの販売は価格の低下やHD(高精細)タイトル増加のおかげで急速に増えているが、PC用BDドライブの普及は進んでいない――米iSuppliが8月25日、このような調査結果を発表した。

 同社の予測では、2009年に出荷されるPCのうち、BDドライブを搭載したPCの割合は3.6%。2013年になっても16.3%にとどまる見通しという。「少なくとも2013年までは、PCのメインの光学ドライブとして、BDがDVDに取って代わることはない」と同社は述べ、普及が進まない要因を「コストが高い上にBDコンテンツがまだ少ないので、ユーザーにとって今はBDに乗り替える理由がない」と説明している。

ah_bd.jpg

 iSuppliは、PC用記録メディアが成功するのは、コンテンツがそろい、消費者が使いやすさや価値を認識するようになってからだとし、「BDのコストが下がり、消費者が知識を身につけるまでは、BDドライブの苦戦は続くだろう」と指摘している。

関連キーワード

Blu-ray | Blu-rayプレーヤー


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集