ニュース
» 2009年08月26日 18時16分 UPDATE

フランス職人技と日本伝統美が融合した時計ストラップが登場――Jean Rousseau

Jean Rousseau(ジャン・ルソー)では、着物の生地を素材にしたジャパン・オリジナルストラップ「KIMONO」のオーダー受付を9月上旬から開始する。

[Gressive]
Gressive

 フランスの高級レザーグッズのマニファクチュール、Jean Rousseau(ジャン・ルソー)では、着物の生地を素材にしたジャパン・オリジナルストラップ「KIMONO」のオーダー受付を、ブティック「アトリエ・ジャン・ルソー(ISHIDA 青山表参道内)」で9月上旬から開始する。

ah_JANRUI.jpg

Jean Rousseau(ジャン・ルソー)

時計ストラップ専門ブランドとして、古くから「時計渓谷french watch & clock valley」と呼ばれているフランスのブザンソン市にて1954年に創立。以来、数多くのスイス高級時計ブランドへのレザーストラップ供給(OEM)と、エンドユーザー向けのオーダーメイドストラップを手掛けている。その高い技術力からなる品質とデザインは、時計ストラップのブランドとしては初めて、2007年3月にフランス政府より伝統工芸を伝承&推進する企業「Entreprise du Patrimoine Vivant」として認定された。


ジャパン・オリジナルストラップ「KIMONO」

 この秋、ジャン・ルソーが日本に上陸して3周年。これを記念して、ジャパン・オリジナルストラップが登場。その第1弾が、日本の美が息吹くマテリアルの“着物生地”をベースにした「KIMONO」だ。

 シルクサテンストラップの製作技術が生かされ、着物生地を時計ストラップに加工。ジャン・ルソーの熟練した職人技と、日本の伝統美が融合する芸術性の高いストラップとなっている。製作にあたっては完全なオーダーメイドシステムを適用。ストラップに使用する着物生地を依頼者が持ち込み※、職人が「KIMONO」ストラップに合わせる時計をもとに、採用する部位を提案。製作工程は全て手作業で仕上げられる。製作期間は14日間、価格は1万9800円。

※着物生地の種類や、はぎれのサイズによっては、オーダーリクエストに応えられない場合もある。
[お問い合わせ先]
ジャン・ルソー
TEL:03-5419-2060

関連キーワード

腕時計


Copyright (c) 2017 Gressive All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集