ニュース
» 2009年08月21日 14時22分 UPDATE

省エネ性や除菌・防臭効果を高めたヒートポンプ給湯器を発売――東芝キヤリア

[栗田昌宜,Business Media 誠]

 東芝キヤリアは8月20日、空気の熱で湯を沸かすヒートポンプ給湯機「東芝エコキュート」のフルオートタイプを11月に発売すると発表した。タンク容量370リットル(2〜4人家族用)と460リットル(3〜5人家族用)の2製品があり、価格はそれぞれ74万3400円と82万2150円。

mk_toshiba_ecocute.jpg ヒートポンプ給湯機「東芝エコキュート」フルオートタイプ

 ヒートポンプ給湯機は、触媒(CO2)を加圧した際に発生する熱を利用して湯を沸かす。電力エネルギーは水の加熱ではなく触媒の加圧に使われるため、従来の給湯器に比べて電力消費量が約3分の1で済むのが特徴だ。

 新製品は、除菌・防臭効果がある銀イオン(Ag+)発生器を浴槽の湯張り回路に組み込んで湯の清潔性を高めたほか、入浴者ひとりずつの湯の使用量を計測・表示する残湯量ナビ「見エル〜ネリモコン」を装備してシャワー使用時の節水・省エネ意識を高める工夫を施した。省エネ性についても、システム制御の強化などにより、年間給湯効率を従来の3.1から3.3へと高めている。

※:JRA4050:2007Rで定められた年間給湯効率評価基準に基づき、ある一定の条件の下で1年間エコキュートを運転した時の単位消費電力量あたりの給湯熱量を表す数値。年間給湯効率=1年間で給湯に使用する熱量/1年間で使用するエコキュートの消費電力量

関連キーワード

エコロジー | 東芝 | 省エネ | オール電化


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集