調査リポート
» 2009年08月19日 15時14分 UPDATE

法律改正が痛手に パチスロ機の市場規模が半減

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 矢野経済研究所は8月19日、「パチンコ関連機器市場に関する調査結果」を発表、2008年度のパチンコ産業関連機器の市場規模は前年度比14.8%減の1兆2981億円と大きく落ち込んだことが分かった。

ah_yusizyo.jpg 遊技機市場規模(新台販売額)の推移(出典:矢野経済研究所)

 分野別に見ると、パチンコ機市場は前年度比5.2%増の9005億円と好調。矢野経済研究所では「パチンコ機は年々、各社から高品質で魅力の高い新機種が登場する代わりに、販売価格も上昇しているため、販売台数に変動がなくても金額ベースでの市場規模は増加する傾向にある」と分析している。

 一方、パチスロ機市場は前年度比51.6%減の2423億円にまで落ち込んだ。「パチスロ機は2004年の遊技機規則改正にともない、ギャンブル性が大きく規制されるようになったが、その影響が2008年度に一気に現れた」(矢野経済研究所)

ah_kansizyo.jpg パチンコ産業関連機器の市場規模推移(出典:矢野経済研究所)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集