ニュース
» 2009年07月30日 15時10分 UPDATE

ニコンから“撮り方を教えてくれる”デジ一眼「D3000」

ニコンがデジタル一眼レフカメラ「D3000」を発売。ガイドに沿って操作するだけで利用者がイメージする写真を簡単に撮影するほか操作もできる「ガイドモード」を搭載する。

[ITmedia]

 ニコンは7月30日、デジタル一眼レフカメラ「D3000」を8月28日より販売開始すると発表した。価格はオープン。実売想定価格はボディのみが5万5000円前後、「AF-S DX NIKKOR 18-55mm f3.5-5.6G VR」とのレンズキットが7万円前後、「AF-S DX VR Zoom NIKKOR ED 55-200mm f4-5.6G(IF)」も組み合わせたダブルズームキットが10万円前後。

photo 「D3000」

 モニターに表示されるガイドに沿って操作するだけで、「背景をぼかす」「人物の動き止めて撮る」「夜景をバックにしながら、人物をきれいに撮る」など利用者がイメージする写真を簡単に撮影できる「ガイドモード」を搭載。再生や設定についてもガイドモードから利用可能であり、エントリー向け製品としての使い勝手を高めている。

photophoto モニターに表示されるガイドに沿って操作するだけの「ガイドモード」を備える

 用意されている「ヘルプボタン」を押せば説明文が表示されるほか、利用者が設定した項目で撮影すると、どのような写真となるのかサンプル画像で確認できる「アシスト画像」も用意した。液晶は3.0型(23万画素)と大画面のものを搭載、文字サイズも「D40/40X」「D60」に比べると1.2倍に大きくなっており,視認性を高めている。

 撮像素子は“ニコンDXフォーマット”の有効1020万画素CCDセンサー。AFには11点の測距点をもつセンサーを搭載しており、シングル/ダイナミック/オートエリア/3Dトラッキングと4つのAFモードを切り替えながら利用できる。画面を分割して色や明るさを検出し、フォーカスや露出、ホワイトバランスへ反映することで肌色を美しく表現する「シーン認識システム」も備えている。

 画像編集については、既存モデルに搭載されている塗り絵、カラーカスタマイズ、D-ライティング、赤目補正などに加え、遠景写真として撮影した被写体をジオラマを接写したかのようにできる「ミニチュア効果」が追加されている。記録メディアはSDメモリーカードスロットで、本体サイズは126(幅)×97(高さ)×64(奥行き)ミリ、約485グラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集