調査リポート
» 2009年07月27日 15時58分 UPDATE

2009年上半期、自動車関連業者の倒産数は前年同期比50.8%増

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 帝国データバンクは7月27日、自動車関連業者の倒産動向調査結果を発表、2009年上半期に倒産した自動車関連業者(負債額1000万円以上)は273件と前年同期比50.8%増になったことが分かった。負債総額も上半期だけで1061億5700万円と、2008年の年間合計(1197億9800万円)に迫っている。

ah_zidou.jpg 自動車関連業者の倒産推移(出典:帝国データバンク)

 最も負債額が大きかったのは輸入中古車販売のレクリスで43億4100万円。フェラーリ、ポルシェ、ベントレーなどの輸入中古車販売のほか、ミニカーなどのホビー事業、ラーメン・焼き鳥店などの飲食事業にも進出していたが、景気後退の影響を受けて、高級車を中心に販売が低迷。2009年に入ってから食品事業関連の支払いが遅延するなど資金繰りが悪化し、5月29日に事業を停止した。

 地域別の倒産数では「関東」が87件でトップ、「近畿」(70件)、「中部」(52件)が続いた。9地域中「東北」を除く8地域で前年同期の水準を上回り、中でも大手自動車会社の下請け業者が多い「中部」では前年同期比147.6%増と大幅に増加している。

ah_tikitosa.jpg 地域別の倒産件数(出典:帝国データバンク)

関連キーワード

破産 | 倒産 | 自動車 | 帝国データバンク | 負債


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集