ニュース
» 2009年07月27日 07時00分 UPDATE

三洋「eneloop bike」に実売10万円の折りたたみ型 高級スポーツタイプも

三洋の電動ハイブリッド自転車「eneloop bike」に、実売10万円の折りたたみ型と、63万円の高級スポーツタイプが加わる。

[小笠原由依,ITmedia]
photo

 三洋電機は7月24日、電動ハイブリッド自転車「eneloop bike」(エネループバイク)の新製品として、折りたたみ型と高級スポーツタイプの2モデルを発表した。

 折りたたみ型「CY-SPJ220」(9月21日発売)はオープン価格で、実売予想価格は10万円前後。高級スポーツタイプ「CY-SPK227」(10月1日発売)は62万7900円。

 エネループバイクは、前輪にモータが付いた電動自転車。走行中の運動エネルギーを電気エネルギーに変えて充電する回生充電機能を備えている。ブレーキをかけたり下り坂を走行している時は、モーターが発電機に切り替わり、走りながら充電できる。

 両モデルとも基本性能は従来モデルと同じで、人がペダルをこぐ力の2倍の力で走行を補助するモードを搭載する。人の力は後輪に、モーターの駆動力は前輪に分配する「両輪駆動方式」を採用し、安定感も高めている。

 CY-SPJ220は、折りたたみ型自転車として業界で初めて、両輪駆動を採用した。タイヤは20型と小径。全長は1550ミリあるが、折りたたみむと835(幅)×520(奥行き)×730(高さ)ミリと、半分ほどになる。重さは18.5キロ。

 車に乗せてレジャーで使ったり、駐輪場のないマンションで室内や玄関先に置いておける。ボディカラーはホワイト、レッド、ブラックの3色。電源はニッケル水素充電池。

photo 折りたたみタイプ
photo 折りたたんだ状態
photo 三洋電機に所属するバドミントン選手・潮田玲子さんとラグビー選手・北川智規さんが、折りたたみタイプに乗って登場。乗った感想を聞かれると「坂を上ったがすっごい、楽! おしゃれで女性にもおすすめです」(潮田さん)、「こぎ出しが軽くて、楽」(北川さん)

 高級スポーツタイプのCY-SPK227には、F1レースカーのボディ成型にも使われる、軽量で振動吸収性の高いカーボンコンポジットフレームを採用した。素材やパーツは、「マニア受けのいい最高のものを集め、世界一を自負している三洋のモーター電池と駆動ユニットを乗せた」(三洋電機コンシューマエレクトロニクスの和田隆弘副社長)という。

 車輪がスリップするような状況でも、ペダルをこげばモーターが回転を続ける「スポーツトラクションモード」を備え、車輪をすべらせたまま走るドリフト走行なども可能になった。

 全長183センチで、重さは19.5キロ。電源はリチウムイオン充電池。完全受注生産で、ターゲットは「本当に自転車が好きで、1日に300〜400キロ走るマニアの世界にあこがれるが、体力がない方」(和田副社長)だ。

photo 高級スポーツタイプ
photo MTBプロサイクリストの山口孝徳さん。「スポーツ トラクション モード」は山口さんの協力を得て開発したという。「前輪がぐいぐい引っ張ってくれるので、運転技術が無くても、運転が苦手な人でもどんとこいですね」(山口さん)

 「おしゃれな自転車に乗りたいという女性の声やスポーティな自転車に乗りたいという男性の声を試乗会で受けた」(三洋電機コンシューマエレクトロニクスの谷口哲哉サイクル商品企画部長)ため、都市生活者に人気があるという車輪が小さなモデルと、スポーツタイプの新製品を開発した。

 世界展開も計画しており、「欧州には心臓部のユニットを、米国には完成車を出荷する」(和田副社長)。欧州向けの部品はすでに少数輸出しており、この秋以降に拡大。2010年から本格展開するという。米国向けの完成車は2010年度から本格的に販売する予定だ。

 自転車協会の調査によると、2008年度の電動アシスト自転車市場は31万6000台。国内出荷台数では、原動機付き自転車を電動アシスト付き自転車が抜いた。

 和田副社長は、「電動ハイブリッド自転車の時代が新しく始まると確信している。世界の1人でも多くの人にエネループバイクに乗ってもらいたい。資源枯渇問題に少しでも風穴を開け、美しい地球を次世代の人たち、子供たちに任せていきたい」と述べた。

関連キーワード

自転車 | eneloop | 電動自転車 | 三洋電機


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集