調査リポート
» 2009年07月15日 12時23分 UPDATE

仕事ができる人の条件は?

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 同じ仕事をやっても、より質の高い結果を出せる人はいるもの。仕事ができる人はどのような点が違っているのだろうか。

 ニフティとコクヨ、コクヨS&Tの共同調査によると、「あなたはどのような人が“仕事ができる人”だと思いますか?」と尋ねたところ、トップは「計画性がある・段取りがうまい」で46.7%。以下、「決断力がある」(31.6%)、「時間の使い方がうまい」(28.7%)、「広い視点を持っている」(21.2%)、「気配りができる」(20.7%)、「実行力がある」(20.2%)が続いた。

 一方、「アイデアが豊富」(12.3%)、「知識が豊富」(11.6%)、「人脈が広い」(8.4%)、「苦境でも結果を出せる」(8.4%)といったことはそれほど重要ではないようだ。

ah_sigodekir.jpg あなたはどのような人が“仕事ができる人”だと思いますか? (出典:ニフティ、コクヨ、コクヨS&T)

 仕事でストレスを感じている人はどのくらいいるのだろうか。「あなたは日々の会社生活の中でストレスを感じていますか?」と聞くと、「とても感じている」(28.3%)、「まあ感じている」(51.7%)、「どちらでもない」(11.9%)、「あまり感じていない」(6.2%)、「感じていない」(1.9%)だった。ほとんどのビジネスパーソンが何らかのストレスを感じているようだ。

ah_kaisuto.jpg あなたは日々の会社生活の中でストレスを感じていますか? (出典:ニフティ、コクヨ、コクヨS&T)

 「とても感じている」「まあ感じている」「どちらでもない」と回答した人に「会社生活においてどのようなことにストレスを感じていますか?」と尋ねたところ、最も多かったのは「職場での人間関係やコミュニケーション」で59.5%。以下、「仕事に見合った評価・報酬が得られていない」(37.5%)、「職場の環境」(26.5%)、「自分のやりたい仕事ができていない」(26.1%)、「自由な時間が十分に取れない」(24.2%)、「数字(目標)や納期のプレッシャー」(22.6%)が続いた。仕事内容より仕事環境にストレスを感じている人が多いようだ。

 インターネットによる調査で、対象は20代〜40代のビジネスパーソン900人(男性450人、女性450人)。調査期間は6月1日から6月4日。

ah_nanisuto.jpg (「とても感じている」「まあ感じている」「どちらでもない」と回答した人に)会社生活においてどのようなことにストレスを感じていますか? (出典:ニフティ、コクヨ、コクヨS&T)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集