コラム
» 2009年07月13日 08時06分 UPDATE

それゆけ! カナモリさん:こんな“ユニかぶり”はアリ。消費者のジレンマを解放させたユニクロ (1/2)

“ユニかぶり”という言葉をご存じだろうか? 他人とユニクロの服がかぶることをユニかぶりと呼ばれているが、「街中ではちょっと避けたい」という人も多いのでは。しかしユニクロが展開するCSR活動は、ステキなユニかぶり現象を生み出している。

[金森努,GLOBIS.JP]
GLOBIS.JP

それゆけ! カナモリさんとは?

グロービスで受講生に愛のムチをふるうマーケティング講師、金森努氏が森羅万象を切るコラム。街歩きや膨大な数の雑誌、書籍などから発掘したニュースを、経営理論と豊富な引き出しでひも解き、人情と感性で味付けする。そんな“金森ワールド”をご堪能下さい。

※本記事は、GLOBIS.JPにおいて、2009年7月10日に掲載されたものです。金森氏の最新の記事はGLOBIS.JPで読むことができます。


 さすが日本経済新聞という流麗な文章だ。2009年6月22日付け朝刊のコラム「春秋」は、こう始まる。百貨店にしても、スーパーマーケットにしても、消費者にモノを「売る」のが本来の仕事。そんな大手小売各社が今年、世に放ったヒット企画は、消費者からモノを「買う」ことだった。下取りセールを「消費者からモノを買う」とは言い得て妙。

 記事は2009年6月18日に発表された日経MJ2009年上期ヒット商品番付の内容を指している。西大関に列せられたのは「下取りセール」。春秋に、不用になった服や靴、かばんに傘、布団、食器、家電製品などを店まで持参すると、現金や値引き券に交換してくれる、と書かれているとおり、まさに何でもありの様相を呈している。

 ヒット商品番付に挙げられているのは、各社のビジネスにとって大いに貢献しているからに他ならない。日本の家は狭く、モノであふれている。たんすの肥やしも多い。場所を空ければモノを買ってくれるはずとの読みとの指摘はまさにその通りで、各社ウハウハなのだ。

 一方で批判の声も少なくない。需要喚起になるものの、まだ使える物をリサイクルの名の下に買い換えをさせるという、環境負荷に対してである。まだエコな家電、自動車への買い換えは長期的にはプラスにはなると言えるのかもしれないけれど、“モッタイナイ”的な観点からすると、どうもエコな感じはしなくて、少なくとも筆者は気がひける。

 春秋は、買い取った物は再利用や途上国などへの寄付に回ると聞けば、まだ使えるものを捨てる後ろめたさも和らぐ。捨てるときにあれこれ分別する手間も省けるとのおまけ付きだという事例も紹介している。このパターンで出色なのがユニクロの「全商品リサイクル活動」なのだ。

       1|2 次のページへ

Copyright(c) 2017 Globis Corporation All rights reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集