コラム
» 2009年07月06日 07時00分 UPDATE

それゆけ! カナモリさん:スキマがない……マクドナルドのプロモーション戦略 (1/3)

「クォーターパウンダーを食べて、不況で暗いニッポンを明るい“バラ色”に塗り替えよう!」。日本マクドナルドが展開するプロモーションが面白い。任天堂と組んだ「マックでDS」、安室奈美恵や益若つばさを起用した「日本バラ色計画」。次々と繰り出されるプロモーション戦略の狙いは?

[GLOBIS.JP]
GLOBIS.JP

それゆけ! カナモリさんとは?

グロービスで受講生に愛のムチをふるうマーケティング講師、金森努氏が森羅万象を切るコラム。街歩きや膨大な数の雑誌、書籍などから発掘したニュースを、経営理論と豊富な引き出しでひも解き、人情と感性で味付けする。そんな“金森ワールド”をご堪能下さい。

※本記事は、GLOBIS.JPにおいて、2009年7月3日に掲載されたものです。金森氏の最新の記事はGLOBIS.JPで読むことができます。


yd_mac.jpg

 不景気でファストフードが活況だ。マクドナルドはとりわけ快走中である。その店内を昼下がりにのぞいてみると、100円メニュー、120円メニューを組み合わせて食べたり、テイクアウトしているランチ価格抑制派の姿がずいぶんと目に付く。この人々が、マクドナルドの快進撃の一翼を担っているのは間違いない。

 しかし、低価格ランチ客のみではダメなのだ。もっと幅広い客層を確保し、さらに、その客がたまにではなく頻繁にきてくれるようでなくては。なぜなら、この顧客層は何もしなくても来店してくれる代わりに、客単価が低い層だから。

 かつてマクドナルドは価格破壊によって「デフレ時代の勝ち組」と言われたが、その後ブランドイメージの低下と収益性の悪化で長く苦しんだ。その経験から、低単価・低収益メニューと高単価・高収益メニューのバランスを取る、マージンミックスに最も慎重になっているのだ。

マックでDS

 そんなターゲットの1つが親子連れだ。2009年6月19日に、「マックでDS」キャンペーンが始まった。マクドナルドへニンテンドーDSを持って行くと、人気ゲームキャラクターのダウンロードやスタンプラリーなどのサービスが無料で受けられるのだ。

yd_ds.jpg

 継続的なプロモーションではあるが、7月17日までの第1弾の目玉は、DSのポケモンソフトを持参すれば、オリジナルキャラクターである、幻のポケモン「ジラーチ」の配信が受けられるというもの。ポケモンにはまっている子どもにとっては垂涎(すいぜん)の的だろう。

 さらにスタンプラリーの設計が面白い。同社のニュースリリースによれば、Wiiウェアの新作ソフト『乱戦!ポケモンスクランブル』に登場する「ポケモンのおもちゃ」を、コレクションラリー画面で8匹集めると「チーズバーガー」、16匹集めると「ビッグマック」のクーポンをプレゼントします、という。

 来店ごとにポケモンがたまるのだが、1店舗あたり1日1回しか利用できないため、マックを“はしご”する子どもたちまで出てきそうだ。

 DSやポケモンにはまっている子どもを持つ世帯は多い。たぶん大変な騒ぎだろう。「ジラーチもらいに行こう!」「またマクドに行って、キャラクターをもらおう!」と来店頻度が高まったこと、必定ではないだろうか。

 お昼ご飯を作るのがちょっと面倒なお母さんは子どもに促され「まぁ、しかたないわね」と。お父さんも一緒の時は、手軽で安価なレジャーとして「じゃぁ行こうか」と子供の利害とも一致する。家族2人〜3人という高頻度の来店客確保ができるわけだ。

 もう1つ並行して始まった「日本バラ色計画」がまた、よく出きている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright(c) 2017 Globis Corporation All rights reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集