調査リポート
» 2009年07月02日 13時39分 UPDATE

お酒を飲めない人の、酒席での楽しみ方

[Business Media 誠]

 お酒が飲めない人にとって、お酒の席とはどういったものなのだろうか。お酒を飲めない人(どちらかというと飲めないを含む)に「お酒の席を楽しめますか?」と聞いたところ、55.6%が「楽しめる」と回答していることが、アイシェアの調査で分かった。

 男女別で見ると、男性は50.5%とほぼ半々だが、女性では60.3%が「楽しめる」と回答。年代別で見ると、30代で64.0%と20代の47.0%に比べ17ポイントも高かった。

 飲めなくても酒席を楽しめるという人は、どんなことを楽しんでいるのだろうか。最も多かったのは「一緒に会話をする」(88.1%)、次いで「食事をする」(64.4%)、「お酒を飲んでいる人の話を聞く」(50.4%)、「独特の雰囲気」(33.3%)、「酔った人を観察する」(20.0%)という結果に。「お酒が飲めなくても、酒席の高揚感や相手の“人となり”が垣間見られる貴重な機会として、ポジティブに楽しんでいる人が少なくないのだろう」(アイシェア)

yd_beer.jpg (出典:アイシェア)

 お酒の席を楽しめないという人に「できることなら酒席を楽しみたいと思うか?」と聞いたところ、41.7%が「楽しみたい」と回答。また、お酒が飲める人に対して「お酒が飲めない人が一緒にお酒の席にいることをどう思うか?」と尋ねると、「食事とソフトドリンクでも一緒に楽しめる」が最も多く(67.9%)、以下「会話をするのは楽しい」(58.5%)、「来てくれただけで十分うれしい」(57.0%)と好意的な意識が上位を占めた。

 携帯電話を使った調査で、20代〜40代の男女573人が回答した。調査期間は6月12日〜17日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集