調査リポート
» 2009年05月28日 18時19分 UPDATE

夏のボーナスが去年より35%以上下がったら……転職を考える

[Business Media 誠]

 今年も夏のボーナス支給日が近づいてきたが、世界同時不況の影響で「支給額が減る……」と心配している人も多いのではないだろうか?

 夏のボーナスの支給額によっては転職を検討しますか、との質問に対し「転職しない」と回答した人は49.5%。特にボーナス予想額で厳しい見方をしている、メーカー業種(55.3%)と中部地方(53.8%)で「転職しない」という人が多いことが、インテリジェンスの調査で明らかになった。

yd_bonus1.jpg 夏のボーナス支給額によっては転職を検討しますか? (出典:インテリジェンス)

 一方、ボーナスの支給額を問わず「転職したい」という人は29.5%。これにボーナスの支給額によっては「転職を検討する」(20.9%)の回答を合わせると、50.4%……つまり最大で2人に1人はこの夏に転職活動を行う可能性があるようだ。ちなみにボーナスの額によっては「転職を検討する」と答えた人に、その基準を聞いたところ、平均で前年比35.3%減(金額にすると13万8000円)だった。

yd_bonus.jpg 前年比でどのくらい減少したら転職を検討しますか? (インテリジェンス)

 キャリアコンサルタントの大浦征也氏は「転職活動にかかる期間は今年に入り長期化しており、活動開始から内定まで2〜3カ月、現職を辞めるための引継ぎなどに1〜2カ月かかる。10月1日までに入社を考えているのであれば、すぐにでも活動を開始することが必要」としている。

 インターネットによる調査で、関東、関西、中部地区に在住する25〜34歳の正社員または契約社員5000人が回答した。調査期間は4月22日〜4月24日まで。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集