ニュース
» 2009年05月28日 22時50分 UPDATE

東京電力、2009年度中に電気自動車を310台導入

東京電力は5月26日、電気自動車を2009年度中に310台導入すると発表した。2009年7月頃から順次導入を開始し、将来的には業務用車両の3分の1を電気自動車に切り替える計画だという。

[栗田昌宜,Business Media 誠]

 東京電力は5月26日、電気自動車を2009年度中に310台導入すると発表した。首都圏の同社事業所を中心に、2009年7月頃から導入を開始する。また、電気自動車の普及に向けて開発・実証試験を実施してきた急速充電器についても、電気自動車の導入に合わせて43台程度を設置する計画だ。

 これまで同社では電気自動車の本格導入を目指して、自動車メーカーと実用性評価などの共同研究を実施していた。2007年度の経営計画では、保有する約8500台の業務用車両のうち3000台程度を電気自動車に切り替える目標を掲げた。今夏から自動車メーカー各社が電気自動車を市販化する見通しであることや、これまでの実用性評価で同社の日常業務への適用性が確認できたことから、今回の決定に至った。

 導入する電気自動車は、オリジナルデザインを施した三菱自動車工業の「i MiEV」と富士重工業の「スバル プラグイン ステラ」。

 東京電力では、「環境性に優れた電気で機能する車のコンセプトを分かりやすく伝えるため、オリジナルのデザインを施すことにした」とコメントしている。

mk_imeiv.jpgmk_stella.jpg 三菱自動車工業の電気自動車「i MiEV」(左)と富士重工業の電気自動車「スバル プラグイン ステラ」(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集