コラム
» 2009年05月28日 07時00分 UPDATE

郷好文の“うふふ”マーケティング:フィットはなぜ売れ続けるのか? ロングセラーの秘密 (1/2)

トヨタの新型プリウスやホンダのインサイト発売で盛り上がる自動車業界。しかし、そうした喧騒をよそに売れ続けているのが、ホンダのフィットだ。人気を保ち続けるフィットの秘密を分析してみた。

[郷好文,Business Media 誠]

著者プロフィール:郷 好文

マーケティング・リサーチ、新規事業の企画・開発・実行、海外駐在を経て、1999年より2008年9月までコンサルティングファームにてマネジメント・コンサルタントとして、事業戦略・マーケティング戦略、業務プロセス改革など多数のプロジェクトに参画。 2008年10月1日より独立。コンサルタント、エッセイストの顔に加えて、クリエイター支援事業 の『くらしクリエイティブ "utte"(うって)』事業の立ち上げに参画。3つの顔、どれが前輪なのかさえ分からぬまま、三輪車でヨチヨチし始めた。著書に「ナレッジ・ダイナミクス」(工業調査会)、「21世紀の医療経営」(薬事日報社)、「顧客視点の成長シナリオ」(ファーストプレス)など。中小企業診断士。ブログ→「マーケティング・ブレイン」


 「10万台VS.3万5000台

 これは何の数字か? 前者はトヨタ「プリウス」の発表後の1週間の販売実績(予約を含む)。10万台という規模は、並に売れる車種の年間販売台数に近い。後者はホンダ「インサイト」の2009年2月から5月までの累計販売実績。4月は1万481台と、月間販売台数でトップに立った(参照記事)。ハイブリッドの低価格戦略と“エコカー減税”の効果で、自動車業界久々のグッドニュース。

 だがこちらの数字、「124万1025台」もすごい。これはホンダ「フィット」発売後、8年間の国内累計販売台数。2008年度月間販売ランキングでは1位10回、2位が2回。2回の2位も僅差で“カローラ群”に破れただけだ。発売後7年間で世界200万台突破。

 クルマが売れない時代に着実に売れ続けるフィット。今や街中フィットがあふれている。だが流行品にありがちな“もう飽きたよ”的な感覚はない。

下駄替わり but 下駄クルマじゃない

 あふれてもありふれない不思議なクルマ、“コモディティ”(日用品)に落ちない存在感。「下駄替わり」「トンガらない満足」「ファーストカーでもセカンドカーでもOK」、こんな声がオーナーボイスの代表例だろう。高級車からの乗り換え派も目立ち、ダウングレードしても劣等感なく自然体で乗れる。「コンパクト=女性ターゲット」の図式を越えてフィットの購買層は男女半々、クルマを知り抜くシニアも、初心者にもぴったり。“下駄替わり but 下駄クルマではない”のがフィットだ。

ah_PICT0360S.jpg ホンダのフィット

 人気の秘密は「お得感」「広々スペース」「燃費」など色々あるが、“リア・クォータウィンドウ”にそれがギュッと詰まっていると思う。“斜め後方45度”からフィットを眺めてみよう。この角度から見ると、小市民的なダサさに埋没せず、かといって個性的過ぎることもない。クルマの造形の魅力とは、実は“後方斜め45度”のアングルに集約される。小学校高学年まで、クルマのデザイン専門家だった私の持論だ。

4枚のウィンドウ配置の永遠の美

 幼少時代から粘土でモックアップを作り、車内もエンジン、ミッション、シート、ガソリンタンクまで精密に再現していた。ノートというノートに数知れぬクルマのデザインを描いた。ちなみに縮尺は精密に1/24だった。

 その専門家視点から語らせてもらえば、クルマのデザインとは線をどう交差させるかに尽きる。フロントノーズからフロントガラス、そしてルーフトップに至る曲線をどう引くか? ヘッドランプからフロントホイールアーチ、ドアパネル、リアフェンダーまでのラインをどう描くか? これらの線に囲まれる“サイドウインドウ”のカタチが、クルマの個性を決定づける。

ah_fitcartop.jpg 出典:『CARTOP Mook HONDAフィット』

 グラスエリアを大きく取った“4枚のサイドウインドウ”に破たんがない。多くのクルマは顔は良くても“斜め後方”でがっかりする。なぜならそこに線が集まるがゆえに処理がむつかしいのだ。だがフィットでは、コモディティに落ちず、デザイン臭が抜けている。後方ピラーとリア・クォータウィンドウの形状に永遠の美がある。街にとてもフィットするデザインの秘密がここに圧縮されている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -