調査リポート
» 2009年05月22日 11時34分 UPDATE

勤務時間中の昼寝、85.9%が賛成派

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 夜更かしなどで、仕事中に眠くなることはあるもの。少し昼寝をすれば、スッキリした頭で業務に向かえるとは分かっていても、上司や同僚の手前、堂々と寝ることは難しい。ビジネスパーソンの昼寝事情はどうなっているのだろうか。

 アイシェアの調査によると、仕事をしている人に「仕事中、昼間に眠くなったことはありますか?」と尋ねたところ、「ある(頻繁にある+たまにある)」は96.1%。性別や年代を問わず、ほとんどの人が眠気を感じたことがあるようだ。

 「勤務時間中、昼休みなどに昼寝をしていますか?」と聞くと、「している(頻繁にしている+眠たい時だけしている)」は60.8%。女性(49.2%)より男性(69.8%)、また年代が下になるほど昼寝をしている人の比率は高くなっている(40代54.9%、30代58.4%、20代69.0%)。

ah_hiruhiru.jpg (仕事をしている人に)勤務時間中、昼休みなどに昼寝をしていますか? (出典:アイシェア)

 どんなところで昼寝をしているのだろうか。昼寝をしている人に昼寝の場所を尋ねたところ、トップは「自分のデスク」で75.0%。以下、「会議室などの空き部屋」(16.9%)、「仮眠室などの休憩用の部屋」(15.1%)、「飲食スペース(食堂など)」(9.9%)が続いた。

 男女別に見ると、男性は1位「自分のデスク」(77.5%)、2位「会議室などの空き部屋」(20.7%)、3位「仮眠室などの休憩用の部屋」(10.8%)だったが、女性は1位「自分のデスク」(70.5%)、2位「仮眠室などの休憩用の部屋」(23.0%)、3位「飲食スペース(食堂など)」(14.8%)と順位が異なった。

ah_hirubasyo.jpg (昼寝をしている人の)昼寝の場所(出典:アイシェア)

 昼寝についてビジネスパーソンはどうとらえているのだろうか。「勤務時間中に昼寝をすることについてどう思いますか?」と聞くと、「賛成(賛成+どちらかというと賛成)」は85.9%。年代が上になるほど賛成の比率が低くなるが(20代89.7%、30代89.2%、40代79.4%)、それでもほとんどの人は昼寝を許容しているようだ。

 インターネットによる調査で、対象は男女405人(うち仕事をしている人は283人)。調査期間は4月28日から5月7日。

ah_kinhiru.jpg (仕事をしている人に)勤務時間中に昼寝をすることについてどう思いますか? (出典:アイシェア)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集