ニュース
» 2009年05月20日 07時00分 UPDATE

FeliCaタッチでBluetoothも自動接続 ソニーが新技術、ドコモ端末に採用

ソニーは、FeliCa搭載機器同士でタッチすればBluetoothで自動接続する技術を開発した。ドコモ夏モデルの一部で採用し、簡単に対戦ゲームなどが楽しめる。

[ITmedia]

 ソニーは5月19日、FeliCa搭載端末同士をタッチするだけで、接続設定情報をやり取りし、無線接続を自動で行えるプラットフォーム「CROSS YOU」(クロスユー)を開発したと発表した。第1弾として、NTTドコモが同日発表した携帯電話夏モデルの一部機種に搭載する。

 FeliCaの通信機能と、専用ソフトウェア「Handover Toolkit」、Bluetooth通信機能、対応アプリで構成するプラットフォーム。

 Bluetooth機器間を相互接続する際は、機器の画面上から接続先の機器を検索するなどの設定作業が必要。新技術ではFeliCa通信機能を使って機器間で設定情報を交換。機器同士をタッチすれば、接続設定や機器間の認証処理、アプリケーションの起動まで自動で行う。接続履歴の交換・保存機能も備えた。

photo 「CROSS YOU」の概念図

 ドコモの携帯電話には「iアプリタッチ」という名称で搭載。搭載した携帯電話同士をタッチすれば、自動でBluetooth接続し、ゲームで対戦したり、2人同時に写真をデコレーションするアプリを利用できる。

 今後広く普及を目指し、カーナビやPCなどへの搭載も目指していく。Bluetoothに加え、無線LANなどほかのワイヤレス規格への対応を検討していく。

関連キーワード

FeliCa | Bluetooth | ソニー | NTTドコモ | 携帯電話


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集