連載
» 2009年05月19日 12時57分 UPDATE

それゆけ! カナモリさん:バカ売れ! 大人気ガム「Fit's」の販促戦略を学ぶ (1/2)

「噛むンとフニャンフニャン」。佐々木希のフニャフニャダンスCM効果で、ロッテのガム「Fit's(フィッツ)」が品切れになるほどの売れ行きだという。ロッテの販売戦略を分析する。

[金森努,GLOBIS.JP]
GLOBIS.JP

それゆけ! カナモリさんとは?

グロービスで受講生に愛のムチをふるうマーケティング講師、金森努氏が森羅万象を切るコラム。街歩きや膨大な数の雑誌、書籍などから発掘したニュースを、経営理論と豊富な引き出しでひも解き、人情と感性で味付けする。そんな“金森ワールド”をご堪能下さい。

※本記事は、GLOBIS.JPにおいて、2009年5月15日に掲載されたものです。金森氏の最新の記事はGLOBIS.JPで読むことができます。


 バカ売れで販売一時中止だという。ロッテのガム「Fit's(フィッツ)」のミックスベリー味。売れすぎて供給の追いつかないガムなど聞いたことがない……。このガム、CMを中心とした販売促進戦略が絶妙なのだ。

 「噛むンとフニャンフニャンフニャンニャニャンフニャン」。つけていたテレビから流れてくる軽快なメロディーに思わず画面を見ると、佐々木希がフニャフニャとダンスを踊っている。

 か、カワイイ……おーっと待った。いい歳をして21歳のファッション誌モデルに鼻の下を伸ばしているワケではない。そのダンスがカワイイのだ。ダンスだってば! 人気俳優・佐藤健も別バージョンでフニャンフニャン踊っている。

 ダンスの振り付けはパパイヤ鈴木だそうだ。言われてみればそんな動き、さすがだ。曲も何とも耳に残る。歌うは「たむらぱん」。作詞・作曲・編曲からアルバムジャケットのイラストまで1人でこなすスーパーなアーティストが、自らの楽曲の中でも一番かと思われるようなハイテンション&ハイトーンで楽しい歌声を届けるインパクトの強いCMだ。

 さらに同製品のWebサイトでは、YouTubeとタッグを組み、フニャンフニャンダンスを踊って投稿、再生回数を競うコンテストまで開かれているのだ。CMの再生回数は250万回以上、投稿作品でさえ、軽く10万回越えを記録している作品もある。恐るべし。女子高生、親子、小学生、プロのダンサー、様々なひと、グループが趣向をこらした踊りを披露している。ここでは上位の作品を1つだけ紹介しておこう。

 YouTubeを使った販促については、以前トヨタ「iQ」のキャンペーンを記事の中で紹介した。しかし今回はトヨタの成功をはるかに上回っている。アテンション、バッチリだ。だが、Fit’sの絶妙な戦略はフニャンの話題性だけではない。

       1|2 次のページへ

Copyright(c) 2016 Globis Corporation All rights reserved.

新着記事

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -