ニュース
» 2009年05月18日 18時49分 UPDATE

世界トップのリットル38キロの燃費――トヨタ自動車が3代目プリウスを発売

トヨタ自動車は5月18日、3代目プリウスを全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店の全トヨタ販売店を通じて発売した。新開発のハイブリッドシステムを搭載したことや、空力性能などを向上させたことで、世界トップとなる1リットル当たり38.0キロの燃費を実現した。最低価格は205万円。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 トヨタ自動車は5月18日、3代目プリウスを全国のトヨタ店、トヨペット店、トヨタカローラ店、ネッツ店の全トヨタ販売店を通じて発売した。プリウスを全トヨタ販売店で販売するのは初めての試み。

 東京・江東区のメガウェブ・トヨタショーケースで行われた記者会見では、次期社長に内定している豊田章男副社長が3代目プリウスに乗って登場。「全国4900店舗のハイブリッドサービスネットワークが整備されたことで、お客様にはこれまで以上に安心してプリウスにお乗りいただける。トヨタはハイブリッドカーを、単なるエコカーではない、アフターサービスも含めた1つの“エコシステム”だと考えている」と話した。

ah_toyota.jpg 3代目プリウスと豊田章男副社長

 プリウスの名称はラテン語の「〜に先駆けて」から名付けられた。1993年から豊田英二会長(当時)の号令の下、開発が進められ、1995年10月にコンセプトモデルを東京モーターショーに出展、1997年12月に世界初の量産ハイブリッド車として初代プリウスを発売した。2003年9月には燃費性能を向上させた2代目プリウスを発売。2007年にはシリーズの累計販売台数が100万台を突破した。

 3代目プリウスの最大の特徴は2代目よりさらに向上させた燃費。新開発のハイブリッドシステムを搭載したことや、空力性能などを向上させたことにより、「世界トップ」(トヨタ自動車)となる1リットル当たり38.0キロの燃費を実現した(2代目プリウスは1リットル当たり35.5キロ)。また、効率的な運転をしているかメーターで示すエコドライブモニターをコックピットに設けており、燃費の良い運転をすることができる。

ah_ekodora.jpg エコドライブモニター(出典:トヨタ自動車)

 価格は205万〜327万円。3代目プリウスは発売前から人気を集めており、これまでに「8万台の予約」(豊田氏)を獲得している。月間販売目標台数は1万台。今後世界80カ国以上で発売していくという。

 また2代目プリウスは新グレード「EX」を設定して、全国のトヨタ店、トヨペット店を通じて6月8日から発売する。価格は本田技研工業のインサイトの最低価格と同じ189万円。

ah_pu1.jpgah_pu2.jpg

ah_pu3.jpgah_pu4.jpg 3代目プリウス

ah_kibokaka.jpg メーカー希望価格(出典:トヨタ自動車)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集