ニュース
» 2009年05月14日 07時00分 UPDATE

米消費者のビデオ支出、依然DVDが大半

ダウンロードやストリーミングなどデジタルビデオの利用も増えてはいるが、米消費者のビデオ支出のうち88%をDVDとBlu-rayが占めている。

[ITmedia]

 ビデオのダウンロードやストリーミングは増えつつあるが、家庭でのビデオ視聴は依然としてDVDやBlu-rayディスクが大多数を占めている。NPD Groupが5月12日に最新の調査結果を報告した。

 NPDが過去3カ月間のビデオ利用について行った消費者調査によると、米消費者のビデオへの支出のうち、DVDとBlu-rayの販売・レンタルは88%を占めた。

 消費者が1カ月にビデオの購入とレンタルに費やす金額は平均で25ドル。そのうちDVD購入は63%、Blu-ray購入は7%、DVDまたはBlu-rayレンタルは18%、ビデオ・オン・デマンドは9%、デジタルダウンロードとオンラインストリーミングは3%を占めた。

 長編映画の視聴方法に関しては、オンラインの選択肢はまだ広く利用されてはいないが、前年よりも伸びている。ネット回線を有する消費者のうち、過去3カ月の間にオンラインストリーミングで映画を見たと回答したのは9%で、前年の5%よりも拡大した。映画をダウンロードレンタルした消費者は4%から8%に増えた。

 「米国の家庭ではまだディスクが圧倒的に優勢だが、デジタルビデオへの需要も増えている」(NPD)

 また、ビデオをダウンロードしている消費者のうち8割がDVDも利用していると答えた。「ビデオ業界関係者の多くは、デジタルビデオ利用者がパッケージメディアを買わなくなると懸念しているが、そうした事態はまだ起きていない」とNPDは指摘している。ただし、「物理ディスクとデジタルフォーマットの共存がどの程度続くかはまだ分からない」という。

関連キーワード

Blu-ray | NPD Group | 映画 | ストリーミング | 映画配信 | VOD


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集