ニュース
» 2009年05月11日 19時45分 UPDATE

今、民主党の代表を辞する理由――小沢一郎民主党代表の辞任会見を完全収録 (1/2)

民主党の小沢一郎代表は5月11日、党本部で会見を開き、代表を辞任することを発表した。西松建設からの政治献金をめぐる事件で秘書が逮捕されて以来、進退問題が浮上していた小沢氏。会見の内容を詳細にお伝えする。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 民主党の小沢一郎代表は5月11日、東京・千代田区の民主党本部で会見を開き、代表を辞任すると発表した。会見の内容を詳細にお伝えする。

ah_oza1.jpg

挙党一致をより強固にするために

 民主党本部5階にある会見場で17時過ぎから始まった民主党の小沢一郎代表の辞任会見。小沢氏は冒頭、用意してきたメモを読み上げた。

ah_oza4.jpg

小沢 「挙党一致をより強固にするために」ということで、来たる衆議院総選挙での必勝と政権交代の実現に向け、挙党一致の態勢をより強固にするために、あえてこの身を投げ打ち、民主党代表の職を辞することを決意いたしました。

 国民の皆さま、支持者の皆さまにご心配をおかけしてまいりましたことをおわび申し上げますとともに、特にこの3年間、至らぬ私を支えてくださいました同僚議員の方々、党員・サポーターの皆さまに心より御礼を申し上げます。

 もとより今度の総選挙は国民自身が政権を選択して、自らこの国と国民生活を救う、またとない機会であります。民主党にとっては、悲願の政権交代を実現する最大のチャンスであります。

 民主党を中心とする新しい政権を作り、「国民の生活が第一。」の政治を実現して、日本の経済、社会を根本から立て直すこと。そして、政権交代によって、日本に議会制民主主義を定着させること。この2つが民主党に課せられた歴史的使命であり、私自身の政治家としての最終目標にほかなりません。

 日本のために、また国民にとって、民主党にとって、そして私自身にとっても、何が何でもここで勝たなければならないのであります。

 それを達成するためには、党内の結束・団結が絶対不可欠の条件であります。党内が乱れていたのでは、総選挙に勝利することはできません。逆に挙党一致で臨みさえすれば、必ず勝利することができると確信しております。

 私が代表の職にとどまることにより、挙党一致の態勢を強固にする上で少しでも差しさわりがあるとするならば、それは決して私の本意ではありません。政権交代という大目標を達成するために自ら身を引くことで、「民主党の団結を強め、挙党一致をより強固なものにしたい」と判断した次第であります。

 まさに身を捨て、必ず勝利する。私の覚悟、私の決断は、その一点にあります。

 連休中、熟慮を重ねまして、その結論に達し、決断した以上、党内の混乱を回避するためにも、ただちに連休明けの本日、辞意を表明することにいたしました。ただし、国民生活への影響を最小限に抑えるために、平成21年度補正予算案の衆議院での審議が終わるのを待った上で、速やかに代表選挙を実施していただきたいと考えております。

 重ねて申し上げます。新代表の下で挙党態勢を確立して総選挙に臨むことが、何よりも重要であります。もちろん、私もその挙党態勢の一員として新代表を支え、総選挙必勝のために最前線で戦い続けたいと思います。

 国民の皆さま、引き続き民主党をご支持くださいますよう、心よりお願いを申し上げます。ありがとうございました。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集