調査リポート
» 2009年04月30日 11時40分 UPDATE

新社会人の44.6%は「初任給を重視する」

[Business Media 誠]

 あなたは就職する際、初任給を重視しましたか? 今年の新入社員に聞いたところ、全体の44.6%は「重視した」と回答していることが、イーキャリアの調査で分かった。男女別で見ると、男性(42.9%)よりも女性(45.8%)の方が、初任給を重視している人が多い。

 次に額面での初任給を聞いたところ、全体平均では20万7000円。大学の種類別で見ると、国公立文系の平均初任給は20万4100円、国公立理系が20万6800円、私立文系が19万7400円、私立理系が20万2100円と、国公立理系の初任給が最も高かった。

yd_work1.jpg 就職する際に初任給を重視したかどうか(出典:イーキャリア)

仕事よりもプライベートを充実させたいと考える新社会人

 会社員として就職した新社会人は、社会人になって「変わった」と思う意識はあるのだろうか。最も多かったのは「時間や期限を意識するようになった」で62.3%、次いで「言葉遣いを意識するようになった」(47.3%)、「お金の使い方を意識するようになった」(37.5%)、「自分の将来設計を意識するようになった」(34.3%)、「周囲に対する気配りを意識するようになった」(33.8%)という結果に。

 仕事とプライベート、どちらを充実させたいと考えている人が多いのだろうか。全体の39.8%は「仕事を充実させたい」と回答、逆に「プライベートを充実させたい」は60.3%。「昨今、企業の業績悪化などのニュースが絶えず、仕事への期待がなかなか持てないために、プラベートの充実を望むようになっているのでは」(イーキャリア)としている。

yd_work.jpg 仕事とプライベートではどちらを充実させたいと思うか? (出典:イーキャリア)

関連キーワード

新入社員 | 給料 | 就職 | ビジネスパーソン | 人事


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集