調査リポート
» 2009年04月23日 14時42分 UPDATE

1人暮らしのビジネスパーソン、家賃が負担になっている理由

1人暮らしをする上で避けられない出費といえば「家賃」。収入に対して現在の家賃が負担に感じている人はどのくらいいるのだろうか? ネクストと毎日コミュニケーションズ調べ。

[Business Media 誠]

 現在1人暮らしをしているビジネスパーソンで、家賃が負担だと感じている人はどのくらいいるのだろうか。現在の収入に対して「家賃が負担」と答えた女性は69.3%、男性は54.2%に達していることが、ネクストと毎日コミュニケーションズの調査で分かった。

 負担に感じている理由を聞いたところ、「趣味や遊びに使うお金が以前より増えた」が最も多く38.8%、次いで「資格や語学の勉強を始めて負担が重くなった」(17.2%)、「家賃補助や家賃手当てなどの社内補助が減った、なくなった」(16.4%)という結果に。

yd_yachin.jpg 家賃が負担になっている理由

 一般的に家賃の目安は「収入の3分の1」と言われている。「家賃が負担」という人の家賃の平均割合を調べたところ、目安である「収入の3分の1」を超えていた。一方「現在の家賃でちょうど良い」と思っている人では、同28%ほど。「『収入の3割未満程度』を1つの目安にしておけば職場環境などによる収入の変化、または支出額の思わぬ増加にも対応できるだろう」(ネクスト)としている。

 インターネットによる調査で、20代の社会人1000人が回答した。調査期間は3月18日から3月31日まで。

自炊率と弁当持参率

 家賃とともに、毎月必ず出費として出ていくものといえば「光熱費」と「食費」。外食費を抑えるために弁当を持参しているビジネスパーソンが増えているというが、1人暮らしの人の自炊率、弁当持参率はどのくらいなのだろうか。

 女性の34.3%、男性の31.9%が「ほぼ毎日自炊をしている」と回答。また「平日も週の半分以上は自炊している」の回答を合わせると、女性では68.6%、男性では59.7%のビジネスパーソンが日常的に自炊をしていることが分かった。

yd_jisui.jpg 社会人の自炊率

 弁当の持参率はどのくらいだろうか。女性の32.9%は「ほぼ毎日」または「週の半分以上」弁当を自分で作って持っていると回答したが、男性は同18.0%にとどまった。しかし「時間がある時のみ」という回答を含めると、男性の27.7%が弁当を持参しているようだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集