調査リポート
» 2009年04月22日 19時50分 UPDATE

スーパーの売上高は12年連続でマイナス、衣料品などの不振が響く

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 日本チェーンストア協会は4月22日、2008年度のチェーンストア(スーパー)販売概況を発表、加盟70企業8056店舗の総販売額は13兆1703億円だった。既存店ベースの販売額は前年度を1.7%下回っており、12年連続のマイナスとなった。

 部門別に見ると、食料品ではダイエット効果が報道されたバナナや、夏場の猛暑でアイスクリームや飲料が好調だった。しかし、衣料品が「天候不順や節約志向の高まりを受けて総じて厳しい結果となった」(日本チェーンストア協会)ほか、住宅関連用品も「夏場に猛暑で冷房関連が好調になったものの、ゲーム関連が苦戦となるなど、年度を通じて苦戦した」(同協会)

ah_tyesuto.jpg チェーンストア販売統計(年度ベース動向、出典:日本チェーンストア協会)

関連キーワード

アイスクリーム


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

ITmedia 総力特集