速報
» 2009年04月20日 08時36分 UPDATE

清水洋介の「日々是相場」朝刊:経済指標の好転や堅調な業績を好感して堅調 (1/2)

[清水洋介,リテラ・クレア証券]

<NYダウ>8131.33△5.90

<NASDAQ>1673.07△2.63

<為替:NY終値>99.08-99.14

経済指標の好転や堅調な業績を好感して堅調

 朝方発表になった大手電機会社の決算や銀行の決算が予想を上回ったことから買い先行となりました。週末と言うこともあって手仕舞い売りなども多く上値も重かったのですが、懸念された銀行や大手電機の決算が予想を上回ったことで、景気底入れ感がますます強まり、金融不安も薄らいだことで収支堅調となりました。ミシガン大学調べの消費者態度指数も上昇となったことも買戻しを急がせる要因となったのですが、一方で大手自動車メーカーへの追加支援が必要になると伝えられたことで上値を押さえる要因となりました。まだ、強弱感が対立することも多いのですが、無難に決算発表をこなしているという感じです。

 週末には手仕舞い売りや利食い売りも出たものの堅調な地合いとなり、ダウ平均は「8000ドル割れは買い」と言うような雰囲気で底入れ感が強まり、ナスダック指数も1月高値水準を上回ったことで底入れ感がかなり強まったものと思います。この日はハイテク銘柄の一角が軟調となりましたが、週末の手仕舞い売りに押されて押し目を確認するというレベルの問題であり、戻り相場に変化が見られたわけでもありません。今後も決算動向に一喜一憂することになるのでしょうが、強含みであることには変わりなく、後一つ二つの好決算と好調な底堅い経済指標が発表されれば底入れ確認が近づくことになりそうです。

 個別には好調な予想に反して黒字決算を発表したシティグループは目先的な過熱感もあり、利食い売りに押されて軟調でしたが、JPモルガンチェースは堅調、バンクオブアメリカやアメリカンエクスプレスなどは大幅高となりました。好決算を発表したGE(ゼネラルエレクトリック)は堅調でしたがIBMやインテルなどハイテク銘柄の一角は軟調となりました。原油価格は堅調でしたがエクソンモービルやシェブロンといった石油関連銘柄は軟調となりました。

本日の相場

日経平均

 先週末の日本市場は米国株高もあり大幅高となりました。週末と言うことで手仕舞い売りやヘッジ売りもかさみましたが、それ以上に買戻しも多く、鉄鋼株やハイテク銘柄、自動車株、機械株などの輸出関連銘柄が大きく値を飛ばしました。一方で電力株や医薬品株などのディフェンシブ銘柄は相変わらず見切り売りも多く、軟調となるものが目立ちました。

 週末の米国市場が堅調となったことや懸念された銀行の決算も黒字となったことから日本市場も堅調な始まりとなりそうです。米国での銀行株が堅調であったことで日本市場でも銀行株などにも買いが入ることが期待されます。為替は大きな動きはなく、ハイテク銘柄などへの買戻しも一服となり、指数の上値を押さえることになるのかもしれませんが、週末軟調となった内需関連銘柄などへの買い戻しが入り物色対象が広がるのかどうかが注目されます。物色対象に広がりが見られれば指数も上値追いとなって来るのでしょう。

 日経平均は引き続き9000円に上値を押さえられていますが、今週はこの水準を抜けてくるかどうかと言うところです。週末の米国市場が堅調となったことで本日も9000円を抜けるかどうかが注目されます。8800円水準での底堅さが確認されつつあるだけに物色対象が広がり、9000円に乗せて引けるようであれば底入れ感がかなり強まるものと思います。ナスダック指数が1月高値水準を抜けただけに日経平均も1月高値水準(9300円)を抜けるかどうかが大いに注目されます。

本日の注目点

◇3月のコンビニエンスストア売上高(日本フランチャイズチェーン協会)

◇上海モーターショー(28日まで)

◇決算・1−3月期:米バンク・オブ・アメリカ、IBM

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集