調査リポート
» 2009年04月17日 09時20分 UPDATE

4万9488円と3万6103円――新社会人の堅実な金銭感覚

新社会人になる学生は、10年後にどのような姿をイメージしているのだろうか? ユーキャンの調査によると、6割以上の人が「結婚して、子どもがいる」と考えているようだ。

[土肥義則,Business Media 誠]

 これから始まる会社員人生を漢字一字で表すと? 4月に新社会人になる予定の学生に聞いたところ、トップは「挑」であることが、ユーキャンの調査で分かった。「挑」を選んだ理由として、「たくさんの新しいことへ挑戦していくことになると思うので」「チャレンジする心を大切にしたいので」などがあった。

 「挑」に次いで多かったのは「新」「希」「未」で、「何もかもが初めての新しい世界が始まるから」「将来に希望が持てるような人生にしたい」といった意見があった。その一方で「苦」や「忍」を選んだ人も多く、「辛く、厳しい時代が待っているから」「働くことは辛いこと。耐えることが大事」と、現実的な声もあった。

yd_2009.jpg 会社員人生を漢字一字で表すと「挑」(出典:ユーキャン)

 インターネットによる調査で、4月に新社会人になる独身男女400人が回答した。調査期間は3月2日から3月10日まで。

10年後にはどんな姿をイメージ?

 「社会人になったら、月にいくらくらい預貯金する予定ですか」との質問に対し、「5万円」と回答した人が最も多く36.3%、平均金額は「4万9488円」だった。男女別に見ると、男性4万9975円に対し、女性は4万9000円。わずかだが、女性よりも男性の方が多かった。

yd_stock1.jpg 1カ月当たりの預貯金予定額(出典:ユーキャン)

 また1カ月のお小遣いの予定額を聞いたところ、「3万円」が28.0%でトップ、次いで「5万円」(26.5%)、平均金額は「3万6103円」となった。男女別で見ると、男性3万3550円に対し、女性は3万8655円。

 不況という経済環境は、新社会人にも影響しているのだろうか。平均金額で比較すると「お小遣い」よりも「預貯金予定額」の方が多く、堅実派が目立った。

yd_stock.jpg 1カ月の小遣い予定額(出典:ユーキャン)

 10年後にはどんな姿をイメージしている人が多いのだろうか。最も多かったのは「結婚して、子どもがいる」(61.8%)で、6割以上の人が30代前半で子どもがいるイメージを持っていることが明らかに。また「結婚しているが、子どもはいない」(11.0%)を合わせると、7割以上の人が「10年後は結婚している」と考えているようだ。

関連キーワード

新入社員 | 小遣い | 結婚 | 子供 | 人生 | 学生


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集