ニュース
» 2009年04月15日 10時15分 UPDATE

電気自動車「スバル プラグイン ステラ」のプロトタイプを環境省に提供――富士重工業

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 富士重工業は4月14日、2009年7月から市場導入する予定の電気自動車「スバル プラグイン ステラ」のプロトタイプを開発、環境省に15台を提供すると発表した。

 環境省は「低炭素社会づくり行動計画(2008年7月閣議決定)」に基づき、電気自動車の普及拡大を図るため、次世代自動車の導入促進事業を行っている。スバル プラグイン ステラは、この計画の対象車種に選ばれた。神奈川県に4台、愛知県に3台、大阪府に3台、兵庫県に3台、横浜市に1台、郵便事業株式会社に1台、それぞれ2009年6月まで貸与され、カーシェアリング形態で運用される。

 スバル プラグイン ステラのプロトタイプの乗車定員は4人。リチウムイオンバッテリーを使用しており、最高速度は時速100キロ、1充電航続距離は80キロ。富士重工業では「今後、量産化されるモデルは、今回のプロトタイプと基本的に同一の仕様となる」としている。

ah_subaru.jpg 「スバル プラグイン ステラ」のプロトタイプの性能(左)と写真(右)

関連キーワード

富士重工業 | 自動車 | 電気自動車 | 環境省


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集