調査リポート
» 2009年04月14日 17時10分 UPDATE

「給料が下がる」37.6%――2009年4月以降の給与事情

今後、どんなことを節約したいですか? ネットマイルの調査によると、「水道光熱費」や「パチンコなどギャンブル全般」といった回答が目立った。一方、お金をかけたいことは「旅行、レジャー」「食品、飲料」が多かった。

[土肥義則,Business Media 誠]

 2009年4月以降、給与や世帯収入が「上がる」という人はどのくらいいるのだろうか? ネットマイルの調査によると、「給与(世帯収入)が上がる」と回答した人は13.8%、逆に「下がる」という人は37.6%に達していることが分かった。

 男女・年代別で見ると、「上がる」の回答率が高かったのは「男性20代」(32.0%)、「女性20代」(26.0%)だった。一方「下がる」が高かったのは「男性50代」(52.0%)、「男性30代」(50.0%)、「男性60代以上」(44.0%)と、30代以上の男性の“懐”は寒くなりそうだ。

yd_money.jpg 2009年4月以降の給料または世帯収入の見込み(出典:ネットマイル)

 今後、お金をかけたいことを聞いたところ「旅行、レジャー」が39.2%でトップ。次いで「食品、飲料」(31.0%)、「娯楽、イベント」(26.0%)、「外食、グルメ」(22.2%)と続いた。一方、節約したいことは「水道光熱費」(79.4%)、「パチンコなどギャンブル全般」(75.2%)、「信仰、占い」(74.6%)が上位にランクイン。このほか「携帯電話」(68.6%)や「不動産関連」(62.4%)の回答も目立った。

 インターネットによる調査で、20代以上の男女500人が回答した。調査期間は4月3日から4日まで。

購買意欲低めは5割以上

 不況という“トンネル”からなかなか抜け出せないでいるが、消費者の購買意欲に変化は出ているのだろうか。1年前と比べ「購買意欲は高い」という人は10.8%、逆に「低い」と答えた人は51.4%と半数を超えた。「いずれの年代においても『購買意欲が低い』の回答率が『高い』を上回っており、消費者の財布のヒモは固くなっているようだ」(ネットマイル)

 消費や購買意欲を高めるのには、どのような方法が効果的なのだろうか。最も多かったのは「給料の賃上げ」で26.8%、以下「雇用の創出・安定」(14.6%)、「景気の安定・浮揚」(11.4%)と続いた。年代別に見ると、「給料の賃上げ」の回答率が高かったのは30代、「政治の全面的改革」と答えたのは60代以上で目立った。

yd_money1.jpg 購買意欲を高めるのに効果的な方法(出典:ネットマイル)

関連キーワード

給料 | お金 | ギャンブル | パチンコ | 節約 | 旅行 | 雇用


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

新着記事

news086.jpg
キュレーション問題で経営陣が謝罪:
news065.jpg
赤坂8丁目発 スポーツ246:
news067.jpg
幅最大8.5メートルまで対応:
Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -