インタビュー
» 2009年04月11日 10時00分 UPDATE

嶋田淑之の「この人に逢いたい!」:ロックギタリストはなぜ、音楽サイトの編集長になったのか(前編)――BARKS編集長・烏丸哲也さん (1/4)

洋楽・邦楽を問わず、幅広い音楽情報を発信するWebサイト「BARKS」。BARKSの烏丸編集長は、元々ロックバンドのギタリストから音楽雑誌の編集者に転身したという経歴の持ち主だ。「音楽に対する愛情がない人々が音楽情報を発信していてはいけない」と憂える、烏丸さんの音楽に対する想いとは。

[嶋田淑之,Business Media 誠]

嶋田淑之の「この人に逢いたい!」とは?:

 「こんなことをやりたい!」――夢を実現するために、会社という組織の中で目標に向かって邁進する人がいる。会社の中にいるから、1人ではできないことが可能になることもあるが、しかし組織の中だからこそ難しい面もある。

 本連載では、戦略経営に詳しい嶋田淑之氏が、仕事を通して夢を実現するビジネスパーソンをインタビュー。どのようなコンセプトで、どうやって夢を形にしたのか。また個人の働きが、組織のなかでどう生かされたのかについて、徹底的なインタビューを通して浮き彫りにしていく。


 ロック、ジャズ、クラシック……ジャンルを問わず、世界の音楽市場は今、縮小の一途を辿っている。世界にその名を知られたレコード会社も、ここ20〜30年の間に、次々にその姿を消している。さまざまな情報があふれ、CDショップが乱立する東京でさえも、根っからの音楽好きから見れば、提供される情報の質は、年々低下の一途をたどっている。そんな状況もあってか、若い人々の生活に占める「音楽」の割合は縮小している。

 こうした状況に危機感を覚え、業界の変革と、それを通じた日本の音楽シーンの再活性化を志す人物がいる。BARKS編集長の烏丸哲也さん(48歳)だ。

ay_karasu01.jpg 音楽情報サイトBARKS

 →ロックギタリストはなぜ、音楽サイトの編集長になったのか(後編)

音楽業界の変革を志す元ギタリスト編集長

 BARKS(http://www.barks.jp/)は、洋楽・邦楽、メジャー・インディーズを問わず、ライブ情報、プロモーション・ビデオ配信、楽曲のサンプリング視聴はもとより、独自のインタビュー記事や撮り下ろしのライブ映像ストリーミングなど、多面的な情報配信を行っている音楽サイトである。

 オリコンのヒットチャートでは、邦楽と洋楽の比率が、96:4くらいなのに対して、BARKSでは洋楽情報が全体の30〜40%を占めていることからも、その明確な方向性が見て取れる。

 理系出身ならではの緻密な論理でとうとうと持論を展開しつつも、随所に笑いのツボを潜ませる。烏丸さんは、ユーモアのセンスにあふれた、人間的魅力に満ちた好人物である。

 実は烏丸さんは、若いころギタリストとして活躍していた人物だ。大学生のとき、ロックバンド「幼稚マン コーポレーション」のギタリストとして、ヤマハが主催するコンテスト「EAST WEST」でグランプリを受賞。「T.V.」(ティーヴィー)としてポリスターからプロデビューし、「ザーマスおばさん」「ルックス命」「いかれた女が大好き」、さらには「ROCKNESS」「WAITING FOR YOU」など数々の楽曲を発表したバリバリのミュージシャンである。

ay_karasu04.jpg ギタリスト時代の烏丸さん(左から2番目)

 烏丸さんは人気音楽情報サイトの編集長として、問題の所在をどこに見い出し、どんな変革を成し遂げようとしているのだろうか?

 本インタビューは前編・後編の2本立てでお送りする。前編では、BARKS編集長としての彼の現在の取り組みを中心に、後編では、彼がなぜギタリストを辞め、現在のような音楽出版の道へと転身することになったのか、そして今後の方向性について聞いていきたい。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -