調査リポート
» 2009年04月01日 15時50分 UPDATE

「築地市場」「ポケモンセンター東京」「宝川温泉」――2008年に外国人が注目した日本の観光スポット

「訪日する外国人が興味を持つ旅行先は、伝統的な日本の建造物などが残っている京都などだろう」と考える人は多いかもしれない。しかし、実際の事情は違っているようだ。旅行クチコミサイトのトリップアドバイザー調べ。

[堀内彰宏,Business Media 誠]

 旅行クチコミサイトのトリップアドバイザー(参照リンク)は4月1日、外国人ユーザーのサイト利用動向やクチコミ投稿件数などをもとに、「外国人が最も注目した日本の観光スポット2008」を発表した。

 総合ランキング1位となったのは「築地市場」(東京都中央区)。以下、2位「東京ディズニーランド」(千葉県浦安市)、3位「ポケモンセンター東京」(東京都港区)、4位「六本木ヒルズ」(東京都港区)、5位「東京ディズニーシー」(千葉県浦安市)、6位「浅草寺 浅草観音堂」(東京都台東区)、7位「金閣寺」(京都府京都市)、8位「伏見稲荷大社」(京都府京都市)、9位「スパワールド」(大阪府大阪市)、10位「ユニバーサル・スタジオ・ジャパン」(大阪府大阪市)が続いた。

ah_kanmei.jpg 2008年外国人からの注目度が高かった観光名所総合ランキング(出典:トリップアドバイザー)

 歴史的な価値の高い有名観光スポットをおさえて総合1位になった「築地市場」だが、国別ランキングでも米国、英国、フランス、イタリア、ドイツで1位、スペインとインドのランキングでもベスト5に入った。「活気あふれる巨大なマグロのせりの迫力に加えて、見学後に場外市場に並ぶすし店で、新鮮なすしを楽しめることも人気の理由となっているようです。築地市場は、マナー問題などで2008年末から1カ月間、外国人観光客の見学中止措置がとられるなど、問題点も指摘されていますが、観光資源として価値は際立って高い」(トリップアドバイザー)

 国別ランキングではドイツで京都の人気が高いほか(2位「伏見稲荷大社」、3位「金閣寺」、4位「清水寺」)、スペインの3位「宝川温泉」(群馬県水上町)、フランスの5位「日光江戸村」(栃木県日光市)、イタリアの4位「伊勢丹」(東京都新宿区)、インドの2位「野沢温泉」(長野県野沢温泉村)などが特徴的だ。

 ランキングは、トリップアドバイザーに登録されている国内約1万件の観光スポットへの注目度を、トリップアドバイザーの海外7カ国(米国、英国、フランス、イタリア、ドイツ、スペイン、インド)のサイトにおけるユーザーの利用動向(アクセス回数や滞在時間、クチコミ投稿数)をもとに集計したもの。集計期間は2008年の1年間。

ah_kunibetu.jpg 国別ランキング(出典:トリップアドバイザー)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集