ニュース
» 2009年04月01日 14時34分 UPDATE

FX好きを探せ:FXの売買はタイミングが大切――ストキャスティクスとは? (1/2)

知人などからFXの話を聞いて、「怖い」と感じた人もいるのでは。今回紹介する主婦のY.I.さんもその1人だったが、どのようなきっかけでFXを始めたのだろうか?

[マネーライフNavi]
マネーライフナビ
yd_tarou.jpg

 ビジネスパーソンだけにとどまらず、主婦にも人気があるFX(外国為替証拠金取引)。人気を集めている理由として、少額から取引を始めることができるほか、取引手数料が安いことなどが挙げられる。

 例えば外貨預金の手数料などと比較しても、その優位性からFXを選択している人が増えているようだ。今回は投資経験は少ないものの、数字遊びが好きで、最近チャートの勉強にはまっている主婦のY.I.さんに聞いてみた。

取引プロフィール

Y.I.さん(主婦)35歳

本人コメント:お小遣い稼ぎにFXを使っています。

1.投資経験は?

就職したときに株を少し。ほとんど未経験です。

2.元手はいくら?

70万円。

3.取引通貨は?

米ドル/円、NZドル/円。

4.取引する時間帯は?

2週間に1回、夜中の0時ころ。

5.よく使うチャートは?

ストキャスティクス。

6.取引期間は?

2週間程度のサイクルで売買。

7.成績は?

含み損はありますが、短期売買では小遣い程度稼げています。

なぜFXをはじめたのですか?

 結婚と同時に仕事を辞めて、専業主婦をずっとやっています。就職した時に先輩の勧めで株を少し買ったことがありましたが、結婚資金の足しにと売却してしまい、それ以降、投資とはまったく縁がなくなりました。

 2年くらい前でしょうか。かつての同僚からFXの話を聞いたとき、正直「怖いな」と思っただけでした。しかしこんなご時世ですから、将来のことを考えて「少しは投資を始めようか」と考えてはいました。

 そこで株式投資と投資信託、この2つの金融商品について調べてみました。私の中では、この2つの商品は将来の資産形成のためにじっくり取り組むものという結論に達しました。いわゆる長期投資ですね。そして1年くらい前から投資信託を積み立てています。株式についてはまだ買っていませんが、最近の下落相場を見ていると、「買いのチャンスだなあ」と思いタイミングを狙っています。

 投資信託を始める際に口座を開いた証券会社にFXのサービスがあり、ついでにFXの口座を開きました。商品説明を読んでいると、以前友人から聞いた話のイメージとは違い、自分でちゃんとコントロールできれば(それが難しいのですが)楽しめる商品だと感じました。少額で取引ができ、時間も場所も自由。また通貨選びは株式の銘柄選びよりもはるかに楽で、それに手数料も安い。外貨預金と比べてもはるかに有利だと感じました。さらにレバレッジが使えるので元手以上の取引ができるなど、もともと数字遊びが好きだった私にはとても魅力的な金融商品に感じました。

       1|2 次のページへ

(C) MoneyLifeNavi. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -

ITmedia 総力特集